サイエンスラボクラブ 第5回「うかぶのど〜れ?」

2019年09月26日

こんにちは。サイエンスラボクラブ第5回の様子を紹介します。
2学期最初の実験は「浮き沈み」がテーマです。また、今回は授業参観でいつもとは違い、お家の方にも実験の様子を見てもらいました。
 
最初の実験は野菜が水に浮かぶのか沈むのかを調べました。調べる前に野菜を触りながら、「水に浮くのか?」、それとも「水に沈むのか?」をみんなで考えました。ピーマンのように中身が空っぽの野菜は浮くことが多かったですね。大きくて重いカボチャがぷかぷか浮かぶのにはびっくりしました。実は野菜の浮き沈みにはルールがありましたね。思い出しながら家でもやってみよう!
 
2つ目は水と油の実験でした。水と油は仲が悪いので、同じコップに入れても混ざらずに分かれていきました。みんなが頑張って混ぜようとしても混ざりませんでしたね。また、水と油を見分けるクイズにも挑戦し、答え合わせも実験しながら楽しくできましたね。
 
最後はスノードームを作りました。スノードームの容器に、水に浮かぶ四角い粒と水に沈む丸い粒を入れ、水を入れると粒が上と下に分かれてキレイなスノードームになりましたね!さらに、この粒にはなんと驚きのヒミツがありました。光のパワーをしっかりためてから真っ暗にすると…。お家でも実験をしてみてくださいね。
 
また、1学期の最後の実験でもお話しをしましたが、楽しかった実験をまとめる経験をしていただく「ラボレポート」も受付中ですよ。書いてくれた人は10月のラボクラブで提出してくださいね。参加賞の大きな缶バッジのプレゼントもありますよ。9月の実験の時に出してくれたみなさん、ありがとうございます。
 
次回のサイエンスラボクラブは10月4日(金)です。
Aグループは15:40〜16:30、Bグループは14:30〜15:20です。テーマは「ロケットはっしゃ!」です。次回もお楽しみに!
 
水と油のクイズの答え合わせ中 こぼさないように入れるぞ!
 
上手にスノードームが出来たよ 光のパワーをためて、暗くすると・・・

大島 浩文|課外教室

このページの先頭へ

嬉しいご報告♪

2019年09月26日

年中組で飼育しているザリガニさんのお話です。
赤組で飼育しているおり君&ひめちゃんのひめちゃんが、今、たくさんの卵をお腹に抱えています。
(卵を見つけたのは、まつぼっくりフェスティバルの日でした。)
卵から孵化するまで2〜3週間かかるそうです。それまで、なるべくひめちゃんにストレスがかからないように、そーっと見守ってあげたいと思います。
小さな赤ちゃんが無事に孵化したら、皆様にお目見えさせていただきますね!

おかあさんになったひめちゃん、今日もせっせと足でお腹にきれいな水を送り、また、卵を足で動かしながら、育てていましたよ。
 
卵の写真を撮りたいのですが、カメラを向けるとすぐにお腹を隠してしまいます。ちょっと、写真を撮るのも今は避けた方がいいですね。

kimiko ikemura|なんでもないこと

このページの先頭へ

ファーストステップミーティング