サイエンスラボクラブ 第4回「みずのすごいちから」

2019年07月24日

こんにちは。サイエンスラボクラブ第4回の様子を紹介します。
1学期最後の実験は「みず」がテーマです。
 
最初は「噴水」の実験です。2つのペットボトルをチューブで繋ぎ、水を入れて高さを変えるとペットボトルの中で噴水ができました!2本のペットボトルの高低差を大きくするほど高い噴水ができることがわかりましたね。みんな目一杯手を伸ばして、大きな噴水を作っていましたね!
 
2つ目の実験は、ふしぎな「水玉迷路」を作りました。水は紙の上に垂らすと浸み込みますが、ビニールの上では浸み込まずに水玉になることがポイントです。好きな動物のシールを貼って、オリジナル迷路を作りましたね。
 
最後は「万華鏡」を作りました。水と洗濯のりを混ぜて、ビーズやスパンコールがゆっくりと浮き沈みするのがポイントでした。作った万華鏡を覗いてみんな「きれい〜!!」と大興奮!お友達と見せ合いっこしたり、先生に見せてくれたりしていましたね。
 
今回は、楽しかった実験をまとめる経験をしていただく「ラボレポート」をお渡ししています。夏休みの間にチャレンジしてみてくださいね。書いてくださった方は9月または10月のラボクラブで提出してくださいね。参加賞のプレゼントもあります。
 
次回のサイエンスラボクラブは9月13日(金)です。
Aグループは14:30〜15:20、Bグループは15:40〜16:30です。テーマは「うかぶのど〜れ?」です。しばらく日にちは空きますが、楽しみに待っていてくださいね!
 
噴水ができた! お友達と一緒に噴水!
 
ゴールまであと少し! 万華鏡のヒミツ、鏡を発見!
 
模様が動いてキレイ! これもキレイだよ!

大島 浩文|課外教室

このページの先頭へ