帝塚山学院の歩み

強く生きる力を育みつづけて1世紀。

帝塚山学院は2016年に創立100周年を迎えました。

大正5年~14年

  • 大正5年、学院の設立を認可
  • 大正6年、小学部開校。
    児童数85名。制服制定
  • 庄野貞一、初代学院長に就任。
    教育目標「力の人を作れ」を打ち出す
  • 大正7年、幼稚部を開園
  • 学院長、「大帝塚山運動」を発表。
    学院100年の針路を決める

昭和元年~15年

  • 大正15年、山本藤助(2世)理事長の寄付で高等女学校を設立
  • 昭和4年、校旗制定
  • 昭和6年、郊外学舎「仁川コロニー」を開設
  • 昭和9年、帝塚山駅開業
  • 昭和10年、小学部校舎の鉄筋化。講堂の改築

昭和16年~24年

  • 戦後の学制改革の下で、男女共学の中学校と女子校の高等学校を開校

昭和25年~40年

  • 短期大学を開学
  • 文化・スポーツの国際交流を推進
  • 祝歌「茜雲」制定
  • 新しい学院歌制定

昭和41年~57年

  • 創立50周年記念事業として大阪狭山市に4年制大学を開設
  • 創立50周年記念式典を開催
  • 中学男子部を開校。
    中学部は、男女別学に

昭和58年~平成9年

  • 堺市に泉ヶ丘中学校高等学校が誕生。中学男子部を統合
  • 短期大学、堺市の泉ヶ丘キャンパスに移転

平成10年~18年

  • 住吉キャンパスに新校舎が完成
  • 短期大学を大学の新学部に改組
  • 中学校と高等学校、新校舎完成を機に中高一貫校に

平成19年~23年

  • 中・高に「関学コース」を開設
  • 高等学校に「イラスト・マンガ・アニメ専攻」を開設
  • 高等学校に「ポピュラー音楽・ミュージカル専攻」を開設
  • 中・高に「ヴェルジェコース」を開設

平成24年~27年

  • 同窓生顕彰記念ホール開設
  • 中・高ヴェルジェコース内に「プルミエ プログラム」「エトワール プログラム」を開設

平成28年

  • 創立100周年を迎える