キャリア教育

主体的に学ぶ姿勢と一歩進んだ知識を身につける

「総合的な学習」(総合学習)の時間を利用して、「創究講座」を展開しています。各科目の授業と並行して、学びそのものの向上や、考え方の幅を広げる多様なプログラムを実施。自分が興味を持ったことを研究する楽しさや、調べることでわかるようになる喜びの体験が、自主的に学ぶ姿勢の養成や、さらに発展した学びへのきっかけにつながります。中学では学びの基礎となる学習方法を身につけ、高校で専門的な分野へ学びを深めていきます。

中学「創究基礎」 –14のスキル

中学校の「総合的な学習」の時間を利用し、学習の基礎的なスキルを身につけるとともに、「見つける力」「調べる力」「まとめる力」「発表する力」の養成をめざします。中学3年間を通じて、「14のスキル」を身につけ、高校での発展的な学習に向かいます。



1
図書館を活用しよう 図書館のはたらきや本の並べ方を知り、実習を通して図書館の有効な活用方法を学びます。
聞く力をつけよう 聴写・聞き取り・メモの実習を通して、「聞く力」を再認識し、その技術の向上をめざします。
声を出そう 声を出す姿勢や呼吸法、発音法、ことばを届ける実習を通して、「話しことば」について考えます。
原稿用紙を正しく使おう 原稿用紙やファイル、付箋紙など、文房具の活用法を知り、学びのためのスキルを身につけます。
辞書やインターネットを活用しよう 実習を通して、辞書やインターネットの特性を知り、情報収集のツールとしての活用法を学びます。
わかりやすく説明しよう 「物事を説明すること」とはどういうことか考え、目的に応じて適切に説明する方法を学びます。
調べたことを発表しよう テーマ設定から情報収集、資料の作成、発表までを実習し、総合的な学習を深める基礎を作ります。


2
敬語を身につけよう 丁寧語、尊敬語、謙譲語の違いを知り、身近な場面で適切に使い分けるスキルを身につけます。
インタビューをしよう インタビューの流れや具体的な手法を学ぶことを通して、インタビューの技術を身につけます。
私の新聞を作ろう 2つの記事を比べるなどして、新聞の紙面構成の特徴を理解し、新聞記事の執筆に取り組みます。
プレゼンテーションをしよう 自らのインタビューをもとに自分の将来の職業を想像して「未来新聞」を作成し、展示発表します。


3
資料を上手に活用しよう 表やグラフの読み方を身につけるとともに、見やすくわかりやすい資料のつくり方を学びます。
ディベートをしよう 高3での英語ディベートに向けて、その基礎や戦略を学び、さまざまなディベートを行います。
レポート発表をしよう 総合的な学習の総まとめとして、レポートを作成。各自のテーマに沿ってプレゼンテーションを行います。

高校「創究講座」 –9の学問系統

高校では、中学で身につけたスキルを生かし、さらにその学びを深めていきます。
生徒たちが将来進むべき道を探していく「キャリア教育」の場ともなるよう、9つの系統の探究・実践型の選択授業を展開。

学問系統 高校1年 高校2年 高校3年
文学・語学・国際関係 インターナショナル・スタディーズⅠ 短詩型文学入門 インターナショナル・スタディーズⅡ
中国語
法学・社会学 時事力養成講座A
〜ニュースがわかる基礎編〜
- 時事力養成講座B
〜鉄道から社会を考える〜
女性学
歴史・芸術系 博物館・美術館巡り 舞台表現(演劇鑑賞) -
写真芸術入門
経済・経営・商学 現代ビジネス入門 現代ビジネスⅠ 現代ビジネスⅡ
教育学・心理学・保育系 心理統計学 心理・教育・保育 教育・保育・こども心理
食物・環境系 栄養学入門 環境学入門 生化学
住環境
医歯薬・看護・医療系 現代の医療 薬学・現代の医療 介護と福祉
理工系 科学実験 - -
情報系 情報処理入門 - -