ヴェルジェコース
関学コース

ヴェルジェコース クラシック音楽専攻 ポピュラー音楽・ミュージカル専攻

どのような舞台へ出ても通用する、一流のプレイヤーを育成する専攻です。
音楽を奏でることが人生の一部となり、生活に欠かせないものとなるように、
自然体であることを大切にしながら学んでいきます。

学びのエッセンス

Essence 1プロの舞台に出演

現在プロとして活躍されている卒業生の方とともに、ステージに立つ機会を用意しています。2012年は、本校卒業生で元タカラジェンヌ和央ようかさんのNHKホールで行われたライブに出演しました。

Essence 2大学連携授業を実施

ポピュラー音楽専攻では、大阪音楽大学短期大学部から講師を招いた授業があります。また土曜日には、大阪音楽大学で講座を受講し、より専門的な知識を身につけます。

Essence 3校内で定期演奏会を開催

日頃の学びの成果を発表する機会として、年3回の定期演奏会を開催します。人前で演奏する経験をより多く積み重ねることで、プレイヤーとしての意識や完成度の高い演奏の力を培います。

校内で定期演奏会を開催

高校1年生基盤となる力と演奏者としての意識を高めます。

音楽の基盤となる力(楽典、ソルフェージュなど)の養成をはじめとし、演奏者としての意識を芽生えさせるために多様な取り組みを実施。将来演奏会やステージに立つために必要な、実技の修練も重ねます。1・2学期は授業内で、3学期からは2・3年生と一緒に定期演奏会に出演します。3月には、ウィーン音楽研修に参加することもできます。

高校2年生大学連携授業などを通じて高い技術を養います。

ポピュラー音楽専攻生は、大阪音楽大学短期大学との連携授業により、専門的な環境設備の中でプレイヤーとしての感性や技術を磨きます。クラシック音楽・ミュージカル専攻生は、各自の進路希望・適性に合わせて授業を選択できます。また、一般的には大学に入ってから学ぶ「和声法」を先行して勉強し、楽曲を深く理解する力を養っていきます。

高校3年生自らのリサイタルで、総仕上げを行います。

クラシック音楽専攻、ポピュラー音楽・ミュージカル専攻、それぞれ、幅広い聴衆に感動や喜びを与えるステージ作りを追求し、総仕上げとして自らのプロデュースでリサイタルを開催します。2学期以降は、入試本番を意識した自主企画による「度胸試しコンサート」を開き、多くの生徒と教員の前で日頃の練習の成果を発揮します。

Pick up Study

ジャンルや専攻を超えて演奏する
コンサートプロデュース

3年生の「コンサートプロデュース」では、ジャンルや専攻を超えたさまざまなコンサートを企画・実施しています。学期に1回、デイケアやデイサービスを訪問し、コーラスや楽器の演奏を披露しています。利用者の皆様に喜んでいただけるよう、生徒たち自身が選曲やプログラム構成に工夫を凝らし、毎回好評をいただいています。

Message

悩んだ時期に支えになったのは、
友人や先輩、後輩からの言葉でした。

安原 末倭さん

京都市立芸術大学 音楽学科
管・打楽器専攻(オーボエ) 3回生

詳しくはこちら

Message

小さな悩みにも真剣に向き合い、
支えてくれた先生に感謝。

高瀬 悠さん

劇団四季
[ プロフィール・主な出演作品 ]
『オペラ座の怪人』で劇団四季の初舞台を踏む。
劇団四季オリジナルミュージカル『夢から醒めた夢』、『リトルマーメイド』にも出演。『キャッツ』北海道四季劇場にてジェリーロラム・グリドルボーン役で出演。

詳しくはこちら