カレーライスクッキング

2017年11月22日

 本日は、帝塚山学院幼稚園名物のあのカレーライスクッキング実施日でした。

 カレーライスのあまりの美味しさに、大盛りおかわりをする園児が続出ーーーっ! 特に年少さんがたっぷりと食べましたよ。
 その年少さんの今日の役割は、カレールーを箱から出して、パキパキと小さいサイズに割ること。 年中さんは、人参の皮をピーラーを使って、きれいに剥いてくれました。 年長さんは、人参をひと口サイズに包丁で切ってくれました。 そして、カレー約300食分の仕上げは、園長先生!の役割で・し・た。
 
 みんなの力が結集したカレーライス。
美味しくって当たり前でしたね。

 
 
大きなお鍋で、ぐっつぐつ煮てます。 園長先生とはい、ポーズ。 カレールー、パキパキ。 簡単なようで、実は大変。 結構、力しごとです。 お手てが大好きなカレーの香り♪
 
人参の皮を上手に剥きましたよ。 オレンジ色でどこが皮かわかりにくいのに、年中さんはピッカピカの目で良く見てくれました。皮むき大成功。 お次は、年長の出番。メンズキッチンです! ひと口サイズに丁寧に切ってくれました。こちらも大成功!
 
年長児はナンづくりもしました。 粉からこねましたー。 これからは、カレーにはナンがなくちゃ、さびしーよー。 わぁ、美味しい! パクパク食べて、あっという間に「ご馳走様でした」。 おかわりたくさんしましたよ。  

矢島多恵|クッキング

このページの先頭へ

巨大 ブロッコリー!

2017年11月21日

ここ数年、冬野菜を育てて子どもたち一人ひとりに収穫してもらっています。

さて、今年はブロッコリーに挑戦しました。
植えたのは、確かまだ残暑が残る9月。

ほとんどが牛のう●ちでできている本園の菜園の土。
なるほど育ちます!! 衝撃の葉っぱの大きさ!!

まずは本日、年長さんから収穫してみました。
みんな、スーパーで見るブロッコリーとは大違い。本物を体験した子どもたちは大興奮でした。
思わず、葉っぱをかじった子どもがいたそうですよ。

なぜ「美味しい!」という声が聞こえるのか不思議に思っていましたが、謎が解けました。

さて、ブロッコリーは茎の部分の栄養価が高いことはよく知られていますが、葉っぱも食べられるそうです。

茎は、硬ければ外側の皮をピーラーなどでむいて、スライスして炒めても茹でてもナイス!です。

葉っぱは、スープや簡単にベーコンと炒めても美味しいそうですよ。お試ししてください。

私のおすすめは
キューピーの「パスタを手作りオイルソースガーリック&赤とうがらし」がおすすめです。
ブロッコリーとイカやエビの魚介 そしてこのソースで仕上げてみてください! 美味しいですよ!
もちろんパスタにしても最高です!



 
 
 
 

たなかゆきえ|菜園

このページの先頭へ

次のページ