探そう!日本のキラキラプロジェクトより 〜天ぷら編〜

2017年08月26日

 年長組のみなさんっ! 夏休みにどんな「日本のキラキラ」に出会いましたか? 
きっと素敵なキラキラを探し出したでしょうね。 美味しい天ぷらも、味わいましたか?

 ところで、その「天ぷら」ですが、生粋の「日本生まれ」のお料理ではないのですよね…。
日本料理の代表格ですのに…。 では、どこの国から天ぷらは伝わったのでしょう?

 それは、
ポルトガル、なのだそうです。
今から400年ほど前に「鉄砲伝来」と同じ時期に九州地方に伝わったという説が有力らしいです。  その時代の日本では、油は夜の明かりをつけるために使用するものであり、大変、貴重なものだったそうです。 江戸時代になると、油の製造がたくさんできるようになり、天ぷら料理が広まったのですって。

 そんな歴史のあるお料理、天ぷら!
夏の旬の食材で、たくさん天ぷらを食べたのでしょうね。
私は、釣りたてのキスの天ぷらを楽しみましたよ。(ちょっぴり自慢…)
年長さんの自慢の天ぷら、スケッチブックを見せてもらえるのを楽しみにしています。

 天ぷらのお話でした。

 
 
わあ、大きななすびの天ぷら! 年長組保育室の近くで、天ぷらを揚げました。 ライブ感がすごーい。近づき過ぎないでよ! 
 
おっいし〜い! サクサクの天ぷら、最高! おかわりくださーい! アツアツの天ぷら、最高!
 
幼稚園で収穫したなすびです。  早速、スケッチブックにスクラップ。油で揚げている時の音や食べた時の食感・お味などを言葉にして書いたり、絵を描いたりして、五感をフル活動!

矢島多恵|探そう!日本のキラキラ

このページの先頭へ

探そう!日本のキラキラプロジェクトより〜苔玉編〜

2017年08月23日

 毎日暑い日が続いていますが、みなさん、いかがお過ごしですか?
 年長組では、7月に苔玉作りに挑戦しました。子どもたちは、それぞれ苔玉作りに似合う植物をお家から持参し、どきどきわくわくしながら作業に取り組みましたよ。ミズゴケをはさみで細かく切ったり、少しずつ水を加えながら土をこね合わせたり、苔を土に張りつけたりなど、ひとつひとつの作業を、みんな根気よくがんばっていました。
 子どもたちが作った苔玉は、夏の暑さの中にも「涼」を感じることができる、すてきなものに仕上がりました♪
 
ミズゴケをはさみで細かく切っています。みんな作業に集中していました。 ケト土、赤玉土、細かく切ったミズゴケに水を少しずつ加えながら混ぜ合わせます。
 
耳たぶくらいの硬さになるまで、土をよくこね合わせます。 苔の裏の茶色い部分をはさみで切り取ります。霧吹きで水分も与えます。
 
こねた土を薄くのばして、植物の根の部分を土で覆い、丸く形を整えます。そして、苔を張りつけ、しかっりと糸でぐるぐるとまきつけました。 苔玉が完成しました!すてきでしょ♪

やまもと まきこ|探そう!日本のキラキラ

このページの先頭へ

探そう!日本のキラキラ 〜俳句編〜

2017年01月25日

 「かきくえば かねがなるなり ほうりゅうじ」
「やせがえる まけるないっさ これにあり」
 
 みなさんは、どんな俳句をご存知ですか?
 本日の年長組は日本で一番短い詩といわれる「俳句」と仲良しになりました。
 俳句のいろいろなことを教えてくださったのは〜〜〜、
帝塚山学院中高等学校の国語教諭、若林三枝子先生です!
若林先生は、子どもたちにとてもわかりやすく、そして楽しく面白く関わってくださいました。ですから、俳句ともすぐに仲良くなりましたよ。いや?ちょっと難しく考えて、うーんうーんと悩んだ子もいたかな?でも!最後には、言葉のリズムをつかみ、
「わかった! できたよ!」とヒラメキ顔で俳句を詠んでくれました。 これから俳句ブームになる気配。

 集まった ぬくぬくお部屋で 句会かな
 
 
ドキドキ! 今からどんなことするのかな?  よ〜し、私も俳句をつくってみるぞ。 言葉さがしって面白いね。
 
はいっ! 5文字の言葉を思いつきましたー! 若林先生と記念撮影! 

矢島多恵|探そう!日本のキラキラ

このページの先頭へ

探そう!日本のキラキラプロジェクト 〜書初め編〜

2017年01月12日

 書初めに挑戦!
新しい1年のはじまりに、今年、「頑張るぞっ」と決めたことを言葉にし、気持ちを込めて書き表しました。 
書初めをすると、文字がきれいになるのです。 
書初めをすると、その頑張ることを本当に頑張れば、うまくいくようになるのです。
うんうん、みんなの意気込み、よくわかったよ。 きっと、うまくいくと思うよ。

 素敵な書初め展が年長保育室で開催?されておりますので、保護者の皆様、是非、ご覧くださいませ。
 
 
 

矢島多恵|探そう!日本のキラキラ

このページの先頭へ

しめ縄風リースの出番です

2016年12月28日

 年長組の皆様、本日は12月28日ですよ!
保育参観の日に制作したしめ縄風リースをお飾りしましょう。

 お正月に年神様をお迎えし、
皆様のご家庭が生きる力と幸せで満ち満ちた2017年になりますように。
 

矢島多恵|探そう!日本のキラキラ

このページの先頭へ

探そう!日本のキラキラプロジェクト〜おむすび編〜

2016年10月28日

 今日は、みんなでおむすびを作りました。
しかも! 自分たちで育て、収穫をしたお米で!!

まずは、お米とをとぐことからスタートです。 せっかくのみんなのお米ですから、美味しいご飯が炊けるように、お米のとぎ方もすばやく丁寧にしました。 水の量も、ちゃんと確認をしましたよ。 「線よりちょっと少ない!」「じゃあ、足そうか」「あ、今度は入れ過ぎた!!あ〜〜。」 こんなことを言いながら、炊飯ジャーでご飯を炊きあげました。

おむすびは、ラップを使って〜、中はふんわりと外側はかちっとなるようなイメージで、ぎゅっぎゅっとにぎりました。 ちょっとバラバラ〜となってしまった子もおりましたが、そこはご愛嬌。形が少々難あり…でも、自分達で作ったおむすびは、やっぱり格別の美味しさでしたね。

お母様方、年長の子どもたちは、もう、自分でお米をはかって、といで、炊飯ジャーにセットして、炊き上げることができると思いますよ!
 
シンプルな塩むすびが新米の美味しさを引き立てます! お米を素早くとぎますよ。 目標3分間なんですって!  ちょっと、それは無理でした。
 
わーい! お米が炊けましたよ〜。 湯気があがってアツイアツイ。炊き立てのご飯の香り、いいね〜。 形の整った、かわいいおむすび。
 
私のおむすびもキレイでしょ? いっただっきま〜す。

矢島多恵|探そう!日本のキラキラ

このページの先頭へ

探そう!日本のキラキラプロジェクト 〜稲刈り編〜

2016年10月05日

 台風前の秋晴れの下、稲刈りをしました。 6月に田植えをした稲がずんずん生長し、黄金色!!そして、稲穂が垂れさがっている!! 本日は抜群の収穫タイミングでした〜。太陽や雨や風に感謝です。 
 子どもたちは、小さくとも自分の田んぼの稲刈りを先生達と一緒にしました。 大人用の本物のカマを使って収穫しましたので、ドキドキでしたね。なかなかできない経験でした。
 さ、このお米。今から10日ほど乾燥させて、脱穀、精米の作業に入ります。今月中には「新米」としてみんなでいただけるかな? 日本の秋の味覚を楽しみたいですね。
 
 
私のお米よ。 はやくみんなで食べたいね。 綺麗なお米〜。 
 
なかなかサクッと切れませんよぉ。 ええいっ。稲を手前に倒して、下から斜め上に向かってカマをいれます。
 
マイ田んぼだから、引越し移動もか〜んたん。 お米粒、いくつあるかな? 一粒の種もみから、こんなにお米ができたんだね。すごーい。

矢島多恵|探そう!日本のキラキラ

このページの先頭へ

探そう!日本のキラキラプロジェクト 〜秋刀魚編〜

2016年09月16日

 今月末は、恒例の秋刀魚祭です。 

 その秋刀魚って、一体ナニモノ? そんな疑問から、秋刀魚の漁場や栄養などを図鑑やインターネットを使ってみんなで調べる活動をしました。秋刀魚が日本の秋に美味しわけ、わかっちゃいましたねー。秋刀魚を食べたらどんなふうに体にいいのかも、わかっちゃいましたねー。 
 そして、今週は秋刀魚の絵を描いてみて、漢字で「秋刀魚」と表すこともわかっちゃいましたよ。

秋刀魚祭の日が待ち遠しいです。
 
秋刀魚の赤ちゃんは黒潮にのって北上し、豊富な餌を食べて大きくなるそうです。 冷たい海で脂がのるから、美味しいのだ。
 
秋刀魚を食べると、脳が活性化してかしこくなる! 血液サラサラになって病気にならない! 骨が強くなり、背も伸びる! 北海道根室で水揚げされた秋刀魚を今年もいただきます!
 
うわ〜。秋刀魚の特徴をとらえて描いていますね。 まるで刀のような形と色なのだ。 じゃーん!完成。 はやく秋刀魚祭の日になあれ。

矢島多恵|探そう!日本のキラキラ

このページの先頭へ

探そう!日本のキラキラプロジェクト 〜苔玉編〜

2016年07月09日

 今週も盛りだくさんな1週間でした。 ふ〜っ。
清水先生のプール指導があったり、書道体験をしたり、とうもろこしの収穫をしてゆがいて食べたり…。 
 そんな今週の中でも、難しくて時間がすごーくかかって、でも、楽しくて素敵だった活動は、苔玉づくり! やっぱり、日本人の季節を楽しむ心ってすばらしいと思います。 この暑い夏、緑色の苔の湿り具合が、なんとも涼を感じさせてくれますよね。 そして、このシンプルさこそ、キラキラ満点です。 どうぞこの夏は、ご家庭で苔玉をお楽しみください。
 
完成ー! 私の苔玉よ。 ケト土・赤玉土にミズゴケを小さく切って土台の土づくりをします。
 
水を加えて、よ〜くこねます。 泥団子づくりです。  苔の茶色い部分をカット。 切り過ぎて、緑色の苔が少なくなった人もいる〜〜。
 
自分の用意した植物を土台の土で覆いますよ。 苔玉、お家に持って帰りましょー!

矢島多恵|探そう!日本のキラキラ

このページの先頭へ

探そう!日本のキラキラプロジェクト 〜菊の花を咲かせる編〜

2016年06月24日

 本日、年長組は菊の苗を植えました。
菊といえば、パスポートや50円玉などに描かれていますね。日本の国花なのです。 そんなお話をICTを活用して、みんなで聞き、菊に興味を持ったり、親しみを感じたりして、苗植えをしました。
 さてさて、どんな菊の花が咲くのでしょうか? 実は、用意した菊の種類は複数あります。 色も複数ありますよ。 大輪の花が咲きますように、しっかりと育ててまいりましょう! もしかしたら、秋には品評会をするかも?!
 
僕の菊は何色が咲くのかな? 私の背の高さよりも大きくなるのよ。
 
菊の土はサラサラしてる〜。 稲を植えた泥土とは反対だね。 まっすぐと伸びるように、まっすぐ植えましょう! 7月に植え替えもするんですって。
 
池村先生から菊のことについてたくさん教えていただきましたよ。 「菊」の漢字の中に「米」の漢字が入っているでしょう? お米を両手ですくった時の手の形が「菊の花」の形だから、「菊」と書くそうです!! す・す・すごい!

矢島多恵|探そう!日本のキラキラ

このページの先頭へ

和菓子づくりをしました。

2016年06月15日

 明日が「和菓子の日」、ということで〜、本日、和菓子作り体験をいたしました。 これは、年長組の「探そう!日本のキラキラ」プロジェクトの活動のひとつであります。
 菓匠館 福寿堂秀信の皆様にご協力をいただいて、実現いたしました。 職人の皆様がご来園くださり、子どもたちに和菓子がどんな材料からできているのか説明をしてくださったり、和菓子の作り方を教えてくださったり、とても丁寧に優しく関わってくださいました。
 「和菓子」といっても、いろいろありますが、本日、子どもたちがチャレンジさせていただいたのは、なんと、「上生菓子」です。
しかも、2種類!! 「ふうりんそう」と「あじさい」のお花の上生菓子です。 この季節のお花ですね。 なんとも優しい色合いでお味ももちろん、やさしい甘さ。 子どもたちは、それはそれは美味しくいただきました。 幼稚園のお茶と一緒に! もう子どもたちは、上生菓子のとりこです。
 季節のうつりかわりや自然の美しさを感じ、それらを愛でる日本の心に、今日は触れられたかな? 和菓子のやさしさに触れられたかな? 日本のキラキラをまたひとつ発見できた和菓子づくり体験でしたね。
 
 福寿堂秀信の皆様、大変、お世話になりました。
本当にありがとうございました。
 
りんごやみかんも…実は和菓子なのです。 すごいですねぇ。  あじさいの花びらは、寒天です。
 
手のひらのうえで、餡玉に寒天を一粒ずつつけていきます。 集中! 紫色と水色との配色を考えながら作っていますね。
 
さあ、いただきましょう! 幼稚園のお茶と一緒にね。 黒文字の使い方も覚えましたよ。 福寿堂秀信の皆様です。 こんなにたくさんの職人の方に来ていただきました。 こんな体験、なかなかできません。 本当にありがとうございました。

矢島多恵|探そう!日本のキラキラ

このページの先頭へ

本日、田植えです!

2016年06月09日

 今日は、田植えをいたしました。
田んぼは、ひとり一個のペットボトル。 ちょっと小さめのマイ田んぼですが、自分のカワイイ田んぼです。
 今まで、さつまいもの苗を植えたり、なすびの苗を植えたり、とうもろこしの種を蒔いたり…の経験はありましたが、水を含んだどろどろの土に苗を植えるのは、はじめて! カチッと、ギュッと植えた感覚がなくて、どろ土に苗をギュッとさしても、なんだか不安定だし、泥土がなんだか気になるし…ちょっといつもと様子が違いましたねぇ。 でも、顔や腕や足が少々どろどろになって、面白かった!…かな?
 一粒の種もみから時間と手間をかけて稲が生長し、お米の収穫にたどりつくまで、どんな物語が続いていくのか、これからも楽しみです。 目がはなせませんぞ。
 
これがマイ田んぼ!  私の田んぼよ! 
 
ペットボトルにどろ土を入れまーす。 田植えです。 4〜5本の苗をまとめてきゅっと植えますよ。
 
わー、お米ができるの、食べられるのは、いつかな? みんなで、大事にしっかりと育てていこうね。 

矢島多恵|探そう!日本のキラキラ

このページの先頭へ