やってみよう!SDGs

やってみよう!SDGs
絵本を読むこどもたち

未来を創造する子どもたちだから
幼児期からSDGs教育

帝塚山学院幼稚園では未来を創造する子どもたちのために、最も質の高い教育をめざし、日々努力を重ねております。
その中のひとつのとして、自分たちの住む地球の未来を考え、豊かな未来を創造してほしいという願いを込めて、
SDGs教育に取り組むことにいたしました。
幼い子どもたちに難しいことはできないかもしれませんが、
自分の身近なこと「できることから やってみよう!」を合言葉に一歩あゆみ始めたいと思います。

帝塚山学院幼稚園の取り組み

生ごみの堆肥化実験と活用

園内のごみ(紙・ビニール・プラスチック・生ごみなど)をコンポストに入れて、その全てが堆肥に変わるのかどうかを考察し、時間をかけて実験。堆肥化しない物は、生活の中でどのように扱えばよいかを考えるきっかけにします。できた堆肥は園内の青空農園で美味しい野菜づくりの土として活用します。

SDGs関連絵本の読み聞かせ

自分たちの未来を創造するための17の目標に関連する絵本をじっくりと読みます。それぞれの園児が感じたり考えたりしたことをクラス内で伝え合い、みんなで共有します。いろいろなものの見方や考え方があることも同時に感じることでしょう。

絵本の例:「海」「せかいのひとびと」「ちいさいおうち」「山に木を植えました」