絵本との関わり

絵本の読み聞かせを通じて、
感動する心と学力の基礎を培う

幼児期は絵本と関わることで成長する大切な時期。子どもたちは絵本の世界で登場人物と一体化し、喜びや悲しみをともに経験していくうちに心をときめかせ、道徳心や想像力、豊かな感性を育みます。また、語彙力や知識、読解力、思考力など、将来の学力の基礎となる力も自然と育みます。

本園では各クラスに400冊程度の絵本や物語、図鑑を設置。年間170冊近くの絵本を借りる園児もおり、自宅でも絵本を楽しみます。

毎日のはじまりと終わりにはできる限り読み聞かせを行うなど、子どもたちがたくさんの絵本にふれられる環境を整えています。

親による読み聞かせは子どもに大きな満足と深い愛情を実感させることにつながります。十分に心が満たされた子どもは気持ちが安定し、自然と自立に向かいます。園の絵本を用いて、ご家庭で5分間だけでも読み聞かせをしていただくことをおすすめします。

絵本の扉

絵本

帝塚山学院幼稚園が
子どもたちにおくりたい物語

子どもの年齢に応じたお薦めの絵本を「絵本の扉」という冊子にまとめて配布しています。「初版の年」にこだわり、長く愛され、心の奥深くに響くものを中心に選書しました。良質な絵本に少しでも多く出会うことで、豊かな感性を養い、他者を思いやるゆとりをもった人に育ってほしいと願っています。