食育について

帝塚山学院幼稚園の食育

食べる楽しさを知り、料理する面白さに目覚める。
野菜づくりも経験することで、食べ物に感謝する心を養います。

クッキング

「食の楽しさ」を知る

子どもたちと厳選した食材を使い、本物の道具を使った本格的なクッキング。季節感や文化を大切にし、調理法にもこだわっています。「自分で作ったものがこんなにもおいしい!」と感じることが、次への意欲にもつながります。

幸福感をご家庭にも

クッキングで調理した物は時にはお土産として持ち帰り、ご家庭で試食していただくことも大切にしています。お土産を前に子どもたちが幼稚園での活動の様子を生き生きと話してほしい、そのおいしさを家族で共感し、幸せな時間を作ってほしいと願っています。

クッキングのレシピはこちら
園内菜園

食への感謝の気持ちを育む

園内に設けた菜園では種から育てることや有機栽培を心がけ、子どもたち自身が栽培にかかわる機会もたくさんあります。自らさまざまな食べ物を育て、食べることで食への感謝の気持ちを育みます。

園で栽培しているもの(※一例)

そら豆、スナップエンドウ、なずび、きゅうり、ぶどう、さつまいも、ブロッコリー、白菜、大根など

最近の園でのとりくみ

食を通し周りへのやさしさと
強く生きる力を育みます

食育インストラクターの資格を持つ園長が
正しい食の知識を教えます。
  • こいのぼり共同制作☆年長組 パート3

    食材の「本来のおいしさ」を知るために

    できる限り農薬を使わずに育てた「生きた野菜」を子どもたちに味わわせることで、味覚を鍛え食の幅を広げてあげたいと思っています。

  • こいのぼり共同制作☆年長組 パート3

    日本の食文化に触れる

    すばらしい日本の食文化に触れながら、旬の食材を味わったり、食べ物の産地を知ったりして関心を高めます。また、食べるとどんな風に体に良いのかをわかることで、健康を意識した食生活の確立をめざしています。

給食

厳選した食材を使用して一から手づくりされた給食。「食事のマナーを身につける」「好き嫌いせず何でも食べる」という目標を達成できるよう、きめ細やかな指導を心掛けています。

詳しくはこちら