食育について

子どもたちに「食」の大切さを伝えたい。

一口に「食」といっても、心や体の健康、その食材となる動植物とのつながり、地球環境などが複雑に絡み合う、現代の食環境は多種多様です。できあがったお弁当が並ぶコンビニ。多くの総菜が陳列されるデパ地下。おいしければ、便利であれば、それで良いのでしょうか?

  • クッキングのレシピを見よう「リトルキッチン」へ

本園では、「食の楽しさ」を一番に伝えたいと考えています。作ることの楽しさ、できあがるまでのワクワク感、そして大好きな人と共に食べる幸福感。それらを幼児期に体験するが、どれほど豊かな人格形成に役立つかは、測り知れません。

具体的に本園では、園内の菜園で野菜を栽培・収穫し、それら旬の収穫物を使ったクッキングを実施しています。園内のブドウで作る天然酵母のパンなど、食材の安全性に配慮したおやつ作りや保護者対象のパン教室を開催しています。 菜園の野菜は、可能な限り種から育て、有機栽培を心がけています。園児は最大限にその栽培に関わります。何も言わずとも、子どもたちは種から小さな芽がでると「かわいい」といい、間引きすることを知ると「かわいそう」と口にします。こうした経験から、やさしい心、大切に育てる気持ちが根付いていくようです。“種から芽を出し成長し、食材になり、調理して自分たちが頂く”という一連の体験が、野菜嫌い克服への近道にもなります。

幸福感を家庭にも

園では子どもたちと厳選した食材を使い、本物の道具を使った本格的なクッキングを実施しています。自分で作ったもののおいしさを感じることが、さらなる意欲につながります。

クッキングで調理した物はできる限り、お土産として持ち帰り、ご家庭で試食して頂くことも大切にしています。お土産を前に、子どもたちが再び家庭で幼稚園での様子を自慢げに話して欲しい、そのおいしさを家族で共感し、幸せな時間を作ってほしいと願っています。 クッキングのレシピは「リトルキッチン」を、お母さま方に人気のパン教室は「青空パン工房」をご覧ください。

園の取り組み

園内菜園

さまざまな食べ物を育て、食べることで感謝の気持ちを育みます。

[菜園で栽培しているもの]※昨年度例
そら豆、エンドウ、ほうれん草、ブロッコリー、小玉スイカ、ブドウ、キュウリ、落花生、大根など

野菜作り体験ゲームアプリ「やさいをつくろう」

クッキング

昔からの知恵や文化、季節感を大切に、食材や調理法にもこだわります。

給食

厳選した食材を使用して一から手づくりされた給食。「食事のマナーを身につける」「好き嫌いせず何でも食べる」という目標を達成できるよう、きめ細やかな指導を心掛けています。

※給食は3歳児の後半からはじまります。

レトルト食品やファストフードに慣れてしまった子どもたちの多くは、食材が持つ本来のおいしさを知りません。私たちは、できる限り農薬を使わずに育てた「生きた野菜」を子どもたちに味わわせることで、味覚を鍛え食の幅を広げてあげたいと思っています。また、作物を育てる経験を通し、食に対する感謝の気持ちを持てるようにと考えています。そして、すばらしい日本の食文化に触れながら、食事の際の美しい所作も身につけてほしいと願っています。