よくあるご質問

よくあるご質問

在園児について
遠方に住んでいます。送り迎えが心配です。
皆さん園生活がスタートするまで心配されますが、園生活が始まると親子ともに慣れ、送り迎えの時間を親子の大切な時間として楽しんでおられます。事実私(園長)も母に送ってもらった楽しい時間だったことをはっきりと記憶しています。
在園児の居住地域
送迎は両親以外でもいいのでしょうか?
事前に届出をしていただければ、祖父母の方や、シッターさんなど、どなたでも結構です。
自家用車での送迎はできるのですか?
基本的には、公共の交通機関をご利用くださいとお願いしていますが、乗り換えの不便や、ご家庭の状況に応じ駐車場を確保していただくことをお願いし、自家用車での通園を許可しています。また、徒歩の方、自転車を利用して送迎されている方も多くおられます。
幼稚園に入園を希望していますが両親ともに働いています。ホームクラスについて教えてください。
両親ともに就労されいるご家庭のお子様は、入園式翌日よりホームクラスの利用が可能です。朝8:20登園開始~午後6:00まで預かっております。朝の8:20で厳しく更に早朝を希望の場合は一度ご相談ください。
在園の方々は卒業生の方が多いのでしょうか?
卒業生の方も在園されていますが、学院に初めて入園されるご家庭の方がはるかに多いようです。
園行事について
PTA 活動は盛んですか。参加やお手伝いは多いですか?
PTAの委員選出は、アンケートを取り無理なくできる方にしていただいています。1クラスから5名選出です。お手伝いの内容は、行事のお手伝いが主なお仕事となります。七夕祭りのお楽しみコーナーの受付や運動会の競技のお手伝い、おもちつきのお手伝いが主なお手伝いです。これらすべての行事は全園児、保護者の参加日となっております。この他卒園児のお祝い会は年長委員さんに会場の飾りつけをお願いしています(飾りは各ご家庭に型紙を配布し制作していただきますお花など1~2点)。
園行事への参加や参観行事はどの様な行事がありますか?
保育参観年2回、七夕祭り、運動会、生活発表会、作品展、親子遠足が園行事参観、参加日です。 この他に4月年度はじめPTA、4月PTA総会、七夕まつり・運動会の説明会(30分程度)進学説明会などがあります。そして、給食当番があります。学期に1~2回給食の準備のお手伝いをしていただいています。お仕事で無理な場合は参加できる範囲でお願いしています。この給食当番は、平常の子ども達の姿を見ていただくことを目的としています。参観日と違い自然な園の生活を参観できると保護者の方から大変好評ですし、子どもたちも大変喜んでいます。
発表会などの衣装作りは保護者がするのですか?
すべて、教員が制作準備を行います。七夕祭りでは、保護者の皆様に七夕の、笹飾りの制作をお願いしています。お家に持ち帰る小笹の笹飾りは、子どもたちが園での活動中に制作しています。
入園テスト(面接)について
入園の際の面接はどのような内容ですか?
A お子様の面接
入園の年齢に応じた質問をさせてもらいます。3年保育でしたら、お名前や色、物の名前など簡単な質問です。また、一人で面接を受けられる方はお子様一人で、無理な場合は親子で面接を受けていただきます。詰め込まれた知識を求めているわけではありません。集団生活が可能かどうかを判断するための面接です。

B 保護者面接
お子様の家庭での様子や、健康状態、家庭の教育方針などをお聞きしております。また、本園の教育方針を理解し、園の教育活動に協力をしていただけることも大切なポイントです。
保護者面接は両親の出席が望ましいですか?
ご両親のどちらかの出席でも結構です。また、お仕事の都合や両親で出席されたい場合などで面接呼び出し日時の都合が悪い場合は、変更に応じております。
子どもの面接当日、体調を崩したとき対応していただけるのでしょうか?
お子様の様子にもよりますが、できる限り面接を受けていただけるよう配慮します。発熱、伝染病など様々な事が考えられますので、お子様の状態に応じ対応します。
面接をスムーズに受けるために何かアドバイスはありますか?
何よりも幼稚園が楽しいところだということをお子様に話してあげ、期待を持たせてあげて欲しいと思います。そして、日頃開催している園庭開放に参加され、幼稚園や先生方に慣れることをお勧めします。
その他の質問
クラスの男女比は決まっていますか?
男女比は決まっておりません。
入園案内に掲載されている費用以外に何か特別な費用は必要ですか?
掲載されている費用以外は特別な費用はありません。あえてあげますと、行事の写真販売(申し込まれた方のみ)、誕生会の様子を撮影したDVD¥400(希望者のみ)、絵本の販売(希望者のみ)などがあります。基本的には、入園案内に掲載されている通りです。多少の変動はお許しください。途中、特別な徴収はございません。
先生や職員の人数や配置について。(免許の有無)(清掃作業)。
年少組は10月末まで各クラスに補助教員が付き2名体制を確保しています。その後は、その日の活動内容や給食の時間等、必要に応じ補助教員がクラスに入ります。補助教員も保育士または幼稚園教諭免許を取得している教員です。6クラス 6担任、担任を持たない教員1名、養護教諭(園児の健康管理、怪我や病気に対応します)補助教員2名、ホームクラス担当教員3名。この他に清掃や給食の準備をしていただく、現業員の方々もおられます。
知育教育や運動について何か行っていますか?
単なる知識の詰め込みといった知育教育はいたしておりません。小学校に就学した際に困らないための生活習慣、文字、かずなどを基礎に考える力・創造力・知識を応用する力・伝える力を発達段階に応じたプログラムで身につけます。詳細はホームページ特色ある教育 「学びのカリキュラム」をご覧ください。
はじめての子育て、幼稚園生活で不安です。大丈夫でしょうか?
お迎えの際に担任に毎日会うことができますので、何時でも相談できます。また、園生活でのお子様の変化や気になる事柄は速やかに連絡しています。そして、園長も朝の登園時など何時でも相談に応じていますのでご安心ください。
とても元気で活発な子どもです。園に馴染めるでしょうか?
もちろんです。どんなタイプのお子様でも大丈夫です。ご両親の教育方針が本園の教育方針と同じであれば、何も問題はありません。
本園の子どもたちはお利口に見えるかもしれませんが、元気いっぱい、やんちゃなの子どもたちもいます。少しずつ時間をかけて「けじめ」をつけた生活を習得していくため、活動中は集中することが出来るようになります。
アレルギーがあるのですが、クッキングや給食などの対応はしていただけるのでしょか?
給食は幼児給食の専門業者に依託し、幼児に適した献立となっております。もちろん、教職員も園児と同じ給食を頂いておりますので、味付けや刻み具合、固さを確認しております。アレルギーに対しては、23種類のアレルゲンに対応しており、除去すべき食材を明記した個人ラベルを貼る「個別アレルゲン管理方式」を採用しています。詳細はHPの給食のページをご覧ください。
給食は毎日ありますか?
基本的には(月)~(金)毎日給食です。
ただし、年少組の4月~5月中旬まではお弁当を持参していただいています。理由としましては、園生活に慣れていないことと、それぞれの食習慣を見させていただくことで、スムーズに給食に繋げたいと考えています。
他の私学・国立小学校または公立小学校への進学を考えています。入園できるのでしょうか?
もちろん入園していただけます。それぞれの家庭の方針や、お子様の成長に伴い進路も変化します。園では、年長組に進級後進路希望を聞いております。内部進学を希望される場合は、小学部へ願書を提出する9月に最終判断をしていただいております。
併設小学校への進学状況を教えてください。
併設小学校 帝塚山学院小学校へは多くの園児が進学します。併設小学校への進学は園長の推薦により進学できます。推薦基準は、
①出席状況、生活態度等について問題がないと判断する園児。
②併設小学校への入学試験に際し専願受験である園児。
となっております。
試験は親子面接のみで、ペーパーテストはありません。また、他の私学小学校を受験し進学されるご家庭、公立小学校へ進学されるご家庭と様々です。