桃の樹

2017年03月04日

3月3日はひな祭り。
桃の節句でもあります。

中国では、桃は単なる果物ではなく病魔や災厄をよせつけない力があり長寿をもたらすとも言われています。
それが、日本に伝わりひな祭りに桃の花が飾られるようになったそうです。

しかし、幼稚園の園庭になかったのがこの「桃」です。

この園庭で遊ぶ子どもたちの安全を見守ってほしい、邪鬼を追い払ってくださいという願いを込めて、3月3日桃の節句に、桃の樹を植えました。

もうすぐ咲きそうな桃のお花を見ていて
今歌っている思い出のアルバムの歌の歌詞を思い出しました。
♪桃のお花も綺麗に咲いて もうすぐ皆んなは1年生♪

桃のお花が咲くのは楽しみでもあり、さみしくもありですね。 




 
 

ひとりごと

このページの先頭へ

卒業式シーズン

2017年02月28日

今日2月28日は、 帝塚山学院高等学校の卒業式でした。
私も、卒業式に参列させていただきました。

昔々、自分自身がこの制服を着て楽しい学校生活を送らせていただいたことを思い出しました。一番、楽しい時期だったのかもしれません。
当時、初等教育の方向へ進むことは決めていたものの、将来こんな立場になるとは想像もしていなかったな〜・・・・・と自分を振り返るひと時でもありました。

そして、卒業報告にもと園児のみなさんが幼稚園を訪問してくれましたよ。

在園の子どもたちは、初めて会うお姉さんに、「おめでとう!」と祝福合戦。なんとなく、卒業はおめでたい、喜ばしいことと感じたようです。中には抱き合って喜びを共感していましたよ。 一番小さな学院の園児たちが、一番大きなお姉さんに「おめでとう」のお祝いの言葉をプレゼント。 
学院ならではの光景ですね。

そして、卒業生お姉さんは 幼稚園の思い出話をしてくれました。 美味しかったよな〜 「お芋のフライ」ですって。その味は、今も受け継がれていますよね。
ホントに美味しいものいっぱい食べたな〜。 また、カレーも食べたいな〜と 美味しいものがどんどん。

卒園して12年が経ち容姿はすっかりお姉さんになった子どもたちですが、幼稚園の頃とかわらない笑顔やその性格そして、喋り方。 

私にとっては 可愛い ままでした。

幼稚園の頃と変わらず今もなお、ご両親に愛情を注がれ大切に育てられていることを感じさせてくるひと時でもありました。

さあ、まだまだ人生の楽しさはこれからです!
思いっきり学生生活を楽しんでください。
また、嬉しい報告があるときは幼稚園に来てくださいね。
待ってま〜す。

ご卒業おめでとうございます!
 
 

ひとりごと

このページの先頭へ

帝塚山幼稚園 園長

帝塚山幼稚園 園長

田中 幸枝

明るく元気で、好奇心旺盛。スーツを着て園内で過ごすことが最も苦手。「感動体験」をモットーとした幼児教育を行っている。「食育インストラクター」「ブレッドライセンス」「小型船舶1級」といった資格を所有し、自ら現場に出て園児の指導に当たっている。

[趣味]

アウトドア色々・・・
夏は海でシーカヤック・キャンプ、冬は冬山でバックカントリー・スキー

[特技]

料理、アウトドア料理、野菜作り、簡単DIY

2017年3月

帝塚山学院幼稚園 資料請求

次のページ

子供のこと 当園のこと Vol.1 帝塚山学園どんな幼稚園? Vol.2 楽しい体験を通して身につける人間力 Vol.3 21世紀を担う子どもたちに必要な力 Vol.4 園庭も大切な保育環境です Vol.5 小学校就学までに身につけたい事柄 Vol.6 「しつけ」はいつからするべきか Vol.7 幼稚園生活にスムーズに順応するために