サイエンスラボクラブ☆第5回 みずのすごいちから

2020年10月16日

こんにちは。サイエンスラボクラブ第5回の様子を紹介します。
今回の実験は「みずのすごいちから」で、水がテーマです。

最初の実験は「噴水」です。2つのペットボトルをチューブで繋ぎ、水を入れて片方を持ち上げると…!なんともう片方のペットボトルの中で噴水ができました!ポイントは高さのちがいでした。高さを変えて噴水の強さを調節できることがわかりました!

2つ目の実験はビニール袋の上に水玉をのせて、コロコロ転がす「水玉迷路」を作りました。水は紙にたらすとしみこみますが、ビニールの上ではしみこまず、丸い水玉になることがポイントです。今回はビニール袋の中に迷路のコースを入れて、スタートからゴールまで水玉を操ることにチャレンジしました。いろいろな動物のシールを貼って、自分だけのオリジナル迷路も作りましたね。

最後は「万華鏡」を作りました。筒の中には三面鏡が入っていて、鏡に映った模様が他の鏡にもいくつも映って、とても不思議な見え方をします。みんな色とりどりのビーズやスパンコールをビンに入れて模様を作りましたね。ポイントは水に洗濯のりを混ぜて、ゆっくりと浮き沈みをさせているので、のぞいたときに模様がゆっくりと変化してとてもきれいです。完成した万華鏡をのぞくと「わぁ!きれい!!」と、みんな大興奮! おうちの方もぜひ見てあげてくださいね。

次回のサイエンスラボクラブは11月6日(金)です。
Aグループは14:30〜15:20、Bグループは15:40〜16:30です。
テーマは「でんきでうごかそう!」です。次回もお楽しみに!
 
 
噴水ができた! 水玉で迷路!?
 
オリジナル迷路に挑戦 万華鏡のぞいてみてー

筧 利仁|課外教室

このページの先頭へ