帝塚山学院小学校  

体育科研究授業(2年生)


帝塚山学院小学校では、日々積極的に研究授業を進めています。
第11回目の研究授業(図工)に続き、第12回目の研究授業(体育)が行われました。

 2年生A組の目標の1つ「クラス全員が5段縦で開脚跳びが出来るようになる。」を目標に跳び箱の
授業を組みました。
 低学年のあいだに、体で覚えていく。それには、運動量(1時間の間に跳ぶ回数)を増やすことが
必要でした。その為に、今までの授業スタイルを変え、1人が授業時間中に、跳び箱を100回跳べる
運動量に挑戦してみました。運動量が格段に増えた為、自然と跳び方を覚えていきます。
 授業の最後には、全員が跳べるようになりました。次時からは、より美しく、より遠くへの着地など、
踏み切り、着手、着地の完成度をあげる予定です。

 

PAGE TOP
Copyright (C) TEZUKAYAMA GAKUIN. All Rights Reserved.