帝塚山学院小学校  
図工科研究授業(5年生)

 帝塚山学院小学校では、日々積極的に研究授業を進めています。
第3回目の研究授業(音楽)に続き、第4回目の研究授業(図工)が行われました

 5年生では、アニメーションに挑戦しています。身近なアニメーション「パラパラ漫画」から
初期のアニメーション機器に触れ、動画の歴史に触れます。前回は、ロシアのストップモーション・アニメ
「チェブラーシカ」を見て、ストップモーション・アニメの撮影の仕方を学びました。
 今回は、鏡を使ったゾートロープを見てから、レコードプレイヤーとストロボを使ったゾートロープに
挑戦しました。レコードプレイヤーの回転速度とストロボの光るタイミングを合わせることで、
円盤に描かれたコマがアニメーションとして見ることができます。
 5年生は、はじめて動画作品に挑戦しました。自分が描いたキャラクターが動いている姿をみて
大興奮でした。次回は、この装置を使って立体ゾートロープによるクレイアニメーションに挑戦します。

*ゾートロープ(回転のぞき絵)とは、静止画を素早く入れ替えることで、あたかも動いているかのように
見せる器具。


装置の図

PAGE TOP
Copyright (C) TEZUKAYAMA GAKUIN. All Rights Reserved.