帝塚山学院小学校  
音楽科研究授業(1年生)

 帝塚山学院小学校では、日々積極的に研究授業を進めています。
第2回目の研究授業(社会)に続き、第3回目の研究授業(音楽)が行われました

1学期には歌を中心に学習していた1年生ですが、2学期に入ってからは鍵盤ハーモニカの演奏にも
取り組んでいます。授業の始まりにリズム遊びをしてから、「なべなべそこぬけ」の練習をしました。
 リズム遊びでは四分音符、四分休符、八分音符の3種類の音符カードを使いました。
あらかじめ前に張り出されたリズムを手拍子で打ち、次に代表の子どもたちが、カードを並び替えて
リズムを作りました。「自分こそリズムを発表したい」と張り切ってくれる児童がたくさんいました。
 続いて「なべなべそこぬけ」の歌を歌ってから、階名唱をしました。これまでにド、レ、ソの音を練習してきましたが、今回は初めてミの音が出てくる曲に取り組みました。
5線上と鍵盤ハーモニカでのミの位置、演奏する際の指使いを確認してから、練習を始めました。
楽譜と鍵盤を結びつけ、使う指を考えるという難しい作業をしなければなりませんが、子どもたちから
積極的に発言があり、クラスの皆で少しずつ確認する事ができました。
 また、子どもたちに馴染みのある曲であったせいか、どの子も意欲的に取り組んでいました。

PAGE TOP
Copyright (C) TEZUKAYAMA GAKUIN. All Rights Reserved.