帝塚山学院小学校  
国語科研究授業(5年生)

 帝塚山学院小学校では、日々積極的に研究授業を進めています。
第1回目の研究授業(国語)が行われました。

 5年生国語科では、自分と相手の関わりの中で、思いや考えをお互いの言葉によって、
伝え、表現する力を身につけることを目標に位置づけ、指導しています。これは、最近の傾向として、
おしゃべりはできても、人前できちんと話ができない、自分の考えを筋道立てて話すことができない、理論的に説明ができない、などの子どもが増えているからです。
 この日の授業までに、「5年生でがんばりたいこと」「地域の自慢」「気になった新聞記事」「よりよい学校にしよう」などのテーマを与え、意図が分かるように話の組み立てを考えました。
 また、今日の授業では、前時までに準備したスピーチメモをもとに、発表の場面を想定し、児童に「コミュニケーション力」についてルーブリック(評価基準)を考えさせ、実際に発表させる活動を通し、音声言語の指導に重点をおきました。
話すスピードや間の取り方を工夫したり、表情や言葉の重みを大切にしたりして、発表したり、発表者のねらいを聞き取ったりすることができました。

PAGE TOP
Copyright (C) TEZUKAYAMA GAKUIN. All Rights Reserved.