帝塚山学院小学校  
図工科研究授業(4年生)

帝塚山学院小学校では、日々積極的に研究授業をすすめています。
第3回目の研究授業(音楽)に続き、第4回目の研究授業(図工)が4年A組で行われました。

 

 今回の研究授業の単元名は、「骨のもちぬし」です。
デッサンの基本として解剖学、筋肉描写はとても重要な事です。
今回の単元では、骨と筋肉に興味をもってもらうことが狙いです。

まず、骨格図を見て、どんな生き物であるかのクイズを行い、実際の骨格、筋肉に触れました。

その次に教室に用意された 骨のテンプレートが埋められたボード(発掘現場)から骨のテンプレートを発掘しました。
そのテンプレートの組み合わせで動物を創造しました。

児童たちは、発掘現場から楽しそうに骨のテンプレートを発掘していました。

 

発掘現場の様子

骨クイズの様子

PAGE TOP
Copyright (C) TEZUKAYAMA GAKUIN. All Rights Reserved.