帝塚山学院小学校  
図工科研究授業(1年生)

 帝塚山学院小学校では、日々積極的に研究授業をすすめています。
第11回目の研究授業(算数)に続き、第12回目の研究授業(図工)が行われました。

11月27日 3時間目 図工科研究授業(1年C組)を美術室1で行いました。

 単元は、「じぶんのかお」です。鏡に映る自分の顔をしっかりと見つめ、丁寧に表現することにより、
記号的・空想的な自画像では表れにくい児童個々がもつ表現を引き出せたらと思い授業を計画しました。
 今回の目標「しっかりと見て描くこと」「のびのび大きく描くこと」「色の工夫をすること」の具体的な説明を
した後、児童たちはそれらのことを意識して自分の背丈程ある大きな画用紙にむかいました。
 制作時には、クレパスが小さなかけらになるまで描く姿や、自分の「肌の色」や「髪の毛の色」を何回も鏡を見ながら水彩絵の具の混ぜ合わせにより作り出して着彩していく姿を見ることができました。
 どの児童も心を込めて一生懸命に制作していました。
PAGE TOP
Copyright (C) TEZUKAYAMA GAKUIN. All Rights Reserved.