帝塚山学院小学校  
国語科研究授業(3年)

帝塚山学院小学校では、日々積極的に研究授業をすすめています。
第23回目の研究授業(体育)に続き、第24回目の研究授業(国語)が3年B組で行われました。

目標である「子どものつぶやきをくみ上げ、主題にせまる」の達成に向け、子どもの発言を研究することからスタートした読解を軸においた授業計画でした。授業は、「全員が感想をかく」→「その中で提起された疑問をとりあげる」→「全員で意見を交流し合う」このくりかえしでした。本時は、2つの発問にしぼり、子ども相互の考えの広がりの中で、じっくりと向き合わさせました。子どもたちは教材「サーカスのライオン」をよく読みこんでいました。発表の中では、前の文章から根拠をもち答え、想像しながら読むところは自由に考え落ち着いて発表していました。クラスの考えが二つに分かれたところでは、一人ひとりの感じ方の違いに耳を傾けながら発表することができました。

 

 

PAGE TOP
Copyright (C) TEZUKAYAMA GAKUIN. All Rights Reserved.