帝塚山学院小学校  
生活科研究授業(2年)

帝塚山学院小学校では、日々積極的に研究授業をすすめています。
第19回目の研究授業(国語)に続き、第20回目の研究授業(生活)が2年C組で行われました。

 

単元名は「大きくなったぼく・わたし」。生まれた時の等身大の赤ちゃんをそれぞれがボール紙で作りました。赤ちゃんの頃着ていた服やくつ下やくつを着せて児童全員が、自分はどんな赤ちゃんだったのかを一人ずつ発表しました。

 その後、赤ちゃんの頃どんなお世話をしてもらったのかを自由に話し、自分がここまで大きくなるのに、どれだけの人にどれだけ多くのお世話をしてもらったのかということに気付きました。お世話をしてもらった人に感謝の気持ちをお手紙で伝えようということで本時の授業は終わりました。

PAGE TOP
Copyright (C) TEZUKAYAMA GAKUIN. All Rights Reserved.