帝塚山学院小学校  

社会科研究授業 (6年生)


帝塚山学院小学校では日々積極的に研究授業をすすめています。

第16回の研究授業(社会)に続き、第17回目の研究授業(社会)が6年A組・C組の教室で行われました。

 

「基本的人権」とは、どんな内容なのだろうか。

それを「尊重する」とは、どうすることなのだろう。

その答えを見つけるために、5つの事例を用意しました。

 

この日は、

「家の前に8階建てのマンションが計画されているのを知り、建設の中止を求めた人たち」

「女性専用車両をもうけることは、男女平等に反すると訴える人たち」

の二つの例を示し、子どもたちに考えてもらいました。

 

自分の考えをもち、それを発表すること。

異なる意見に耳を傾けること。

これが民主主義の入口です。

迷いながらも、全員が結論をもち次々とその考えを発表してくれました。

 

 

 

PAGE TOP
Copyright (C) TEZUKAYAMA GAKUIN. All Rights Reserved.