本日、第40回音楽会がフェニチェー堺にて行われました。
今年度は、新型コロナウィルス感染防止の為、2部制で行いました。
また、例年は学年発表ですが、今年は舞台上での密を避ける為クラス単位での演奏となりました。

2部では、2年生・4年生・6年生・吹奏楽部が演奏を行いました。

2部は吹奏楽部の演奏からスタートしました。
今年は、吹奏楽部発表の場がなく音楽会が初めての発表の場となりました。
ジュピターと紅蓮華を演奏してくれました。

2年生は、音楽物語「100万回生きたねこ」を3クラスで分担し会場を物語の世界に引き込んでくれました。

4年生は、例年通りのリコーダーの演奏ができずピフポフという楽器に挑戦しました。
ピフポフは紙でできた、手のひらサイズのアコーディオンです。
また、3クラスとも「歌」という言葉が入っている曲を演奏してくれました。

6年生は最後の音楽会となります。
例年は学年での器楽合奏ですが、今年はクラスでの器楽合奏となりました。
各クラス心を一つにし、力強くも素敵なメロディーで会場を包み込んでくれました。

様々な制限のある中でしたが、児童たちは今までの練習の成果を出してくれました。

最後になりますが、本日お越しくださった保護者の皆様、音楽会開催にあたり、ご尽力下さったフェニーチェ堺の皆様ありがとうございました。

※ソーシャルディスタンスを充分に取っていますので、演奏中のみマスクを外しています。

2B 音楽物語 100万回生きたねこ
2C 音楽物語 100万回生きたねこ
2A 音楽物語 100万回生きたねこ
4A きらきら星変奏曲 この歌を
4B さんぽ 歌おう 
4C スキンブルシャンクス うたの惑星