5年生の児童は毎年、関西国際空港へ行き、海外からの利用者の方々に英語のインタビューをするという校外学習へ行っていましたが、今年は状況を鑑み、行いませんでした。
また例年であれば、今年度は12月にオーストラリアのアーミデールスクールからのお友だちを迎えるはずでしたが、今年度はお迎えすることができなくなりました。
そこで、5年生ではイノベーションスタディーズと英語Cの授業で協力し、アーミデールのお友だちに大阪について紹介するビデオを作成し送ることにしました。

クラス共通の大きなテーマの中からグループで自分たちの紹介したい内容を決め、スライド作成や英語の練習をして自分たちで動画を作成しました。
完成後はクラス内でグループ発表の場を設け、また他の2クラスの動画を見ながら、Peer Evaluation(児童間のお互いによる評価)を行いました。
本日の授業ではクラスや他クラスからの意見や感想などを読み、グループで自分たちの作品についてふりかえりました。

5年生の児童たちが作った動画はアーミデールの先生にお送りし、2週間後にはアーミデールのお友だちからもビデオメッセージが届く予定になっています。

今年度は例年通りの国際交流は叶いませんが、また新たな方法を通してアーミデールのお友だちと交流を続けられていることを嬉しく思います。