多様な舞台で活躍しています

今年度も終わりに近づいてきました。
各学年での学びもまとめに入っていますが、学校外でも自分が力を注いでいることに対して成果を出している児童がたくさんいます。

ここでは、今週TV朝礼等で表彰があった時の様子を紹介します。
絵画やフィギュアスケート、フェンシング、合気道など分野はさまざまですが、誰かが努力を重ねて何かを達成する姿は、見ているみんなを勇気付けてくれます。

もうすぐ新年度となりますが、皆さんが気持ち新たに色々なことに挑戦してくれることを期待しています。

隈取体験(図工3年生)

自国文化理解のために帝塚山学院小学校では、伝統文化理解に力を入れています。
 2日目の学習では、自分の顔に立役の化粧の1種「隈」を自分の顔に取っていきます。
歌舞伎のお化粧の意味を知った後に、本物の材料で自分の顔に描いていきます。鬢付け油、白粉の感触を感じながら、自分の顔がどんどん違う人に変わっていくことを体験しました。児童たちの貴重な体験になりました。

好きな食べ物をドットで表現(5年生 図工)

図工の授業で、好きな食べ物をドットで表現しました。
子どもたちは、大好きな食べ物をたくさん思い浮かべているようでした。
ニコニコしながら楽しそうに描いていました。
色も細かく表現している様子が見られました。
完成が楽しみです!

木炭デッサン(2年 図工)

帝塚山学院小学校では、児童の知的好奇心を引き出す授業を計画しています。
2年生では、デッサンの基礎である木炭での静物画に挑戦しました。児童たちは、木を燃やしたもので絵が描けることに驚いていました。木炭を寝かして描いたり、尖らしたり、指で擦ったり、様々な使い方に挑戦しました。出来上がった作品もアカデミックな題材でありながら、大胆な表現をすることが出来ました。

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031       

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ページの先頭へ