英語語学研修5

本日が研修最終日でした。
風は少しありますが、暖かくなり、天候に恵まれました。
朝食後に、児童たちはレセプションで”May I check out, please?”と自分たちでチェックアウトを行いました。 最後の自由時間を利用してスタンプラリーを完成させ、すてきなプレゼントをいただいた児童もいました。
修了式では1人ずつ名前を呼んでいただき、修了書を受け取りました。楽しかったとの声が多く、名残惜しいですが、大阪に向けて出発します。

これで語学研修の掲載は最後となります。

英語語学研修4

2日目が終了しました。
午後の授業では英国式カリグラフィーを体験しました。 最初は難しそうにしていましたが、練習を重ねるとともに上達し、想い想いのカードを作成していました。
自由時間ではそれぞれが予定を話しながら、お買い物体験をしたり、お土産の購入をしました。
今日の最後の授業は英語によるテーブルマナー講座でした。食器の配置や食事中のマナーについて学んだ後に、コースディナーをいただきました。
夕食後は2つのグループに分かれて、Pubでの体験とスタンプラリーをしました。 朝からたくさんのことを体験し、盛りだくさんな1日となりました。

英語語学研修3

英語語学研修2日目をむかえました。
1日目を終えた児童たちのの日誌には、授業を受けて楽しかったこと、両替や飲み物の注文が自分でできて嬉しかったこと、星がきれいで驚いたことなどが書かれていました。
一晩の間に雪が降り積もり、今朝は目を覚ますと辺り一面の雪化粧に児童たちは驚きながらも、嬉しそうでした。積雪はわずかなので、雪遊びをするほどではなさそうですが、大阪では見られない景色を楽しんでいます。

朝食をしっかりいただき、午前は2つの授業を受けています。また授業の様子も随時更新いたします。

英語語学研修2

ブリティッシュヒルズに到着し、授業やアクティビティに参加しました。
移動の時間を過ごす中で、バディの友達とも打ち解けて、学年やグループ関係なく話す姿が見られました。
ブリティッシュヒルズには世界各国から来られているネイティブの先生方がたくさんおられます。
その先生方の指示のもと、会話を交わしたり、ゲームをしたり、食事をしたりして英語に触れる機会が多くありました。

英語を聞くこと、英語で考えること、普段と違うことをたくさん経験したので疲れている児童もいたと思いますが、今夜はゆっくり休んで、明日に備えてほしいと思います。

英語語学研修1 出発しました

本日より2泊3日で福島県のブリティッシュヒルズにて英語語学研修を行います。 新4年生から6年生までの約40名が参加し、英語漬けの環境の中での生活となります。

集合時は少し緊張した様子の児童もいましたが、新幹線に乗り込み、バディを組んだ他学年の新しい友達とも会話が始まっているようです。また教員からの指示も英語に変わり、日本語モードから英語モードに切り替えました。

楽しみつつ学びのある研修となるよう教員一同サポートしながら、英国の雰囲気を味わって過ごしたいと思います。

English Play / 英語劇 (6年生)

本日、6年生児童による英語劇が行われました。
2学期の最後から進めてきたこのプロジェクトですが、各クラスそれぞれのカラーを出しながら楽しい劇を披露してくれました。
この劇のお客さんは1年生です。普段から学年間交流で関わりのあるお兄さん、お姉さんたちの英語でのかっこいい劇は、きっと1年生の心に残るものになったと思います。

台本の読み合わせから始まり、ジェスチャーや表現を加え、小道具も準備をし、今日の発表に至りました。英語でセリフを言いながら、表情や動きを加えることは簡単なことではありません。
しかし、役割にかかわらず、堂々と声を出して、練習以上の力を発揮した児童が数多くいました。

また同時に1年生もお返しに英語の歌を6年生に聞いてもらいました。手拍子を交えながら、元気いっぱいに歌う姿は可愛らしく、両学年が楽しみながら発表の時間を持つことができました。

英語劇だけでなく、本校の英語教育は机上での学び以外のものがたくさんあります。実践的なものもあれば、児童の心に残り、時間をかけて形成される新たな知見もあります。
英語を教科としてだけでなく、自分を成長させるツールとして使えるよう、今後もその力を培っていってほしいと思います。

Let's make Xmas cards! (英語科)

クリスマスが間近に迫り、朝のイングリッシュタイムや、授業内でもクリスマスに関する歌やトピックを扱うようになっています。

先週から今週にかけて英語の授業でクリスマスカードを製作しました。中に書き込む文章はもちろんですが、紙を折ったり長さを測ったり、ハサミで必要な場所を切る作業など、全て英語での指示を聞き取って作業に入ります。

サンタやトナカイ、クリスマスオーナメントなどをそれぞれ好きな色を塗り、デコレーションとしてカードを仕上げます。

宛先の他に、"Merry Xmas!"「クリスマスおめでとう」や"Happy new Year!"「あけましておめでとう」などの一言を添える児童も見られました。


英語圏ならではの祝い方と日本でのクリスマスの比較は、面白さだけでなく子どもたちの興味を引くものもたくさんあります。
学年ごとに少しずつそういった文化面から英語を学ぶ機会も作っていきたいと思います。

What an interesting world! 5年生英語校外学習

What an interesting world!をテーマに世界について英語の授業で学んできた5年生は、本日11月14日(水)に関西国際空港へ英語校外学習へ行きました。

今年度で3回目となるこの校外学習では、児童たちが世界の国や日本の文化について学んだ後に、その表現を使って実際に海外から来られているお客様たちに英語で質問します。

児童たちは今日のこのインタビューに向けて、英語による質問を音読の宿題に励みながら練習してきました。
最初はドキドキと緊張しながら、”Excuse me!”と声をかけることに挑戦していました。インタビューを通して伝える喜びや聞いてわかる喜びを得た後には、それぞれの児童が笑顔いっぱいで堂々としていました。

終了後には「時間がもっと欲しかった」という声がたくさんあがり、英語によるコミュニケーションを楽しんでいる様子でした。

振り返りでは、
「最初は緊張したけど、実際にインタビューしたらスラスラ進んで気持ちよかった。」
「人と話すのが楽しかった。またやりたい!」
「積極的に、相手に伝わるように話せた。」

嬉しかったことや、自信をもってできたこと、もっとこうすれば良かったなど、たくさんの意見がでました。

今回のインタビューの経験を通して、多くの児童がもっと積極的に英語に関わりたいという意見を話してくれたことが、とても嬉しいです。
「伝える姿勢の大切さ」「聴く姿勢の大切さ」「やりとりの楽しさ」など今回得たことを、これからのコミュニケーションでも活かしていってもらいたいです。

第6回百合学院杯 英語暗唱大会

11月10日(土)に行われた第6回百合学院杯 英語暗唱大会に本校の児童2名が出場しました。
2名の児童は校内英語レシテーションコンテストからさらに練習を重ね、今日の大会に臨みました。 少し緊張はありましたが、2名とも堂々と笑顔で自分のお話を楽しそうに伝えることができました。

健闘の結果、1名が5位に入賞することができました。 今まで彼女たちが努力を重ねてきたことで得たものは、とても多いことでしょう。
また今後も様々な分野で、この経験を活かしながら挑戦をしていってくれると嬉しいです。

西日本私小連 英語レシテーションコンテスト

本日、西日本私小連主催の英語レシテーションコンテストが行われました。 本校からは校内コンテストの入賞者2名が出場し、うち1名が3位に入賞しました。
夏休み前からの校内予選から始まり、本選を勝ち抜き、今日まで練習を重ねてきた成果を存分に発揮してくれました。

このコンテストは、西日本各地の私学の小学校から集まった小学生約40名が参加していますが、その中でも臆することなく堂々とした発表を見せてくれました。また物語の流れに合わせて笑顔やジェスチャーで自分らしく表現を披露していました。

今週10日にも、学外のレシテーションコンテストに出場予定です。
英語での発表ですので、普段と違った表現の仕方も必要ですが、それぞれの物語を楽しみ、それを見ている人にもぜひ伝えて欲しいと思います。

Happy Halloween!

本日はハロウィン!
ということで、英語科の授業ではハロウィンにちなんだ単語や表現を紹介し、それを使って歌やチャンツを楽しみました。

教員もそれぞれが仮装をし雰囲気を盛り上げ、お昼休みにはハロウィンソングを歌いながら教室や運動場をパレードしました。

中には自分で作ったハロウィンのコスチュームを着けて、一緒に練り歩く児童もいて、ハロウィンのムードを一層味わえたお昼休みとなりました。

”Here you are.” と聞くと、反射的に ”Thank you!”の言葉が無意識に出てくる児童も多く、簡単なやりとりではありますが、英語が体に染み付いていることを実感させられます。

英語科では、今後も季節やその時期に応じたトピックを授業外でも取り上げ、自然な形で児童とともに楽しむ機会を作っていく予定です。

第10回 英語レシテーションコンテスト

9月20日(木)4時間目に第10回帝塚山学院小学校英語レシテーションコンテストを行いました。

7月に行われた予選で選ばれた7名の児童たちは、夏休みからたくさん時間をかけて練習してきた成果を発表しました。

2分半ほどある長いお話を英語で覚えることは容易なことではありません。2学期から教員たちとの練習では、回を重ねるごとにより良くなっていく様子が見えました。

レシテーションには大切なことがいくつかあります。単に英語を言うのではなく、よりお話の世界観を伝えるために、細かな発音やントネーション(抑揚)、顔の表情や声の使い方、自然なジェスチャーなどに工夫する必要があります。

7名の児童はそれぞれが、最後までより良い発表ができるようになるために、努力を惜しまず、練習を重ねてきました。
本番のコンテストで児童たちは、中高からの審査員の先生方、4〜6年生の児童や教員たちというたくさんの人たちの前で緊張しながらも、自分にできる最大限の発表を見せてくれました。

その中でも、丁寧な発音で堂々と、そして聴いている人たちをお話の世界へと引き込む表現力を見せた児童が、見事1位に輝きました。

本日のモジュールで校長先生による表彰式が行われ、1位〜3位の児童には盾が、そして参加児童全員に表彰状が授与されました。
どの児童も本当によくがんばりました。
喜びや悔しさがでるくらい、それぞれの児童が真剣に向き合い、挑戦してきたことを感じ、我々教員も胸があつくなりました。
参加した児童たちにとってこのコンテストは、英語の力が向上しただけではなく、これからの成長の糧となる良い経験になったことと思います。

また最後まで一生懸命、応援の気持ちを込めながら真剣に聴いてくれていた4〜6年生の児童たちにとっても、いい刺激となったことと思います。

これを機に、またそれぞれの児童たちが英語に限らず様々なことに挑戦していってくれると嬉しいです。

TOEFL Primary テスト実施

本日、TOEFL Primary テストが本校にて行われました。
このテストは約65カ国で実施されている世界基準の英語のテストです。
英検などの試験との違いは、それぞれが得た知識を授業だけでなく日常生活において、どこまで英語で理解し表現できるかを測定できること、また個人結果(スコアレポート)からCEFRなどのバンドと照らし合わせて実力を確認できる点などが特徴です。

この形式のテストに慣れていくことで、これから中学校、高校、大学と受けていくであろうTOEICやTOEFLなどのテストの先行準備となります。

テストの運営上、試験の様子をお見せすることはできませんが、児童たちは真剣な表情で各リーディング、リスニング問題に取り組んでいました。

今回の対象は6年生でしたが、3学期には4・5年生の受験も予定しています。

ウヰルミナジュニアカップ 5位入賞!

8月25日(土)大阪女学院で行われたウヰルミナジュニアカップ第2回女子小学生英語暗誦大会に代表児童1名が参加しました。課題であるTwinkle Twinkle Little Starの世界観を大切にしながら、夏休みも何度も何度も練習に励んできました。
今日の発表では本番前に緊張していましたが、落ち着いて堂々と発表し、5位に入賞をすることができました。今回挑戦しようと決めたことや、練習に励んできたことが、自信につながったのではないでしょうか。また色々な事にもチャレンジしていってもらいたいです。

英語レシテーションコンテスト結果発表

本日お昼休みに、先日行われたレシテーションコンテスト予選に参加した児童が集まり、英語科教員より結果を発表しました。

今年度は5〜6年生の中から18名の参加があり、上位7名が選出され9月に行われる本選に進みます。今回は英語の授業内でも取り扱った”The North Wind and the Sun”「北風と太陽」からの抜粋が審査の課題でした。

授業内でもネイティブの先生からイントネーションやジェスチャーの指導があり、モジュールでも繰り返し練習をしてきました。

特に今回参加した児童達は個人的に練習したり、表情や手ぶりに工夫を凝らしていて、審査にもかなり時間がかかる接戦となりました。

今後は、夏休みの間に本選用の新たな課題を練習し、2学期の本番に向けて練習を重ねてくれると思います。


"Swimmy" 「スイミー」(2年 英語)

本校の英語の授業では、英語科の学習に加え、他の教科での学習内容の一部を英語で取り上げることがあります。
教科横断型の授業ほど重なり合ったものではありませんが、児童が興味関心を寄せている単元やテーマについて、英語で内容を確認したり、読んだり聞いたりします。英語が苦手な児童でも、日本語で学習した範囲であれば、内容の理解が比較的易しいものになります。

今日の2年生の英語の授業では、フォニックスや数字など基礎の英語学習と併せて、国語科の授業でも学んでいる「スイミー」 "Swimmy"の本読みを行いました。

絵本をめくっていくと、国語の教科書では抜粋されていなかったイラストも登場し、「このシーンは何?」「スイミーはどこ?」などの質問が出てきました。
またネイティブ教員のジェスチャーや語り口調にも熱が入り、大きな魚が現れた場面では、教室のあちらこちらではっと息を呑む音が聞こえました。

今後の英語の授業においても、基礎の学習はもちろんですが、言語学習そのものへの興味をさらに高められるよう、様々な工夫や取組みを進めていきたいと考えています。

英検学習サポート学習会

2018年度第1回英語技能検定試験に向け、高学年の希望者を対象に学習サポート会を行っています。

本日は3回目となる学習会が開かれました。それぞれ受験級ごとに英語科の教員がオリジナルの教材や過去問を振り返りながら学習を進めています。

また今回は、本校を準会場として受験会場に登録したため、受験児童にとっては移動や試験準備等の負担も少なくなりました。

資格習得には個人の継続的な学習も欠かせませんが、授業の中で学んだ英語を使いこなす力も大切です。
試験当日まで残すところ10日となり、徐々に緊張している様子の児童も見られましたが、自分の力を発揮するため最後まで諦めず学びを続けてくださいね。

1年生英語 "Paint Palette"(Colors)

1年生の英語では、入学式からわずか1ヶ月ほどですが、英語で相手に気持ちを伝えたいという意欲的な児童ばかりです。先日の日曜参観でも、発表のために手を挙げる姿が多く見られました。

また今年度より1年生から少人数制となったAP(読み書き)クラスでは、アルファベットの発音や文字認識を一人ずつチェックしています。先生と個別で確認していくことで、曖昧さが回避できたり、よりはっきりとした発音の習得に繋がります。

さらに前回からは”Colors”(色)も学習しています。見て聞いて読む、だけでなく実際に色鉛筆を使い、聞こえた英語に沿って自分で色を塗り教材を完成させます。

人前で英語を使うことを臆せず、どんどん挑戦していく姿は言語学習にとって欠かせない大切な姿勢です。この気持ちを忘れず、これからも楽しみながら英語を勉強していきましょう。
Let's have fun together in our English class!



6月16日(土)の体験授業「うたっておどってFun!Fun!English(年長)」では、このような帝塚山学院の英語の世界に飛び込むことができます。
ぜひこの機会に学院の小学校ならではの英語教育にご参加ください。

 

英語語学研修 最終日

ブリティッシュヒルズでの2泊3日の英語語学研修も最終日を迎えました。 朝食後は自分たちで英語を使ってチェックアウトを済ませ、最後の授業を受講しました。 数字を扱った授業のゲームでは、分かっているけれどとっさに英語で出ず悔しいと大盛り上がりし、間違いを恐れずに積極的に英語を使いました。 映画を通して英語を勉強する授業では、音声はもちろん字幕も英語で見ることに挑戦しました。シーンに関する質問もよく聞き取りながら、答えることができていました。 全ての授業を終えた後は、修了式をしました。 代表の先生からは、この3日間よく頑張りましたと褒めたいただき、一人ひとりが修了証を受け取りました。 修了証を手にし、これからも英語の学習を頑張ります!という気持ちを胸に、大阪へ帰ります。 We had a lot of fun at British Hills and we enjoyed talking and learning English!

英語語学研修2日目 その2

今日は夕食前に英国式のテーブルマナー講座を受けました。英語での説明でしたが、児童は画像で確認しながらマナーの良い例、悪い例をしっかり学んでいました。 マナー講座を受けた後は、学んだ事をいかしてコースディナーをいただきました。ナイフとフォークを上手に使おうと、少し緊張感がありましたが、どの料理もとても美味しくいただきました。 昨日と今日の夕食後はグループに分かれてパブを利用しました。英国のパブの雰囲気を感じながら、本格的なカクテルを作っていただきました。(もちろんノンアルコールです。) 2日目はとてもたくさんの楽しい経験を、たくさんの英語に触れながら過ごせた1日となりました。

英語語学研修2日目 その1

ブリティッシュヒルズでの英語語学研修2日目を迎えました。 朝食をしっかりいただき、元気に過ごしています。 午前は2つレッスンを受けました。 シャーロックホームズの謎解きでは、手がかりを探りながら答えを導くために、英語を読んだり、先生たちと楽しく英語でお話ししながら、グループで協力して事件を解決しました。 Science Challengeではパラシュートに乗るヒーローを手助けするために、グループで協力しながら安全なパラシュートを作りました。実際に作ったパラシュートを試す時はみんながドキドキしました。成功し、ヒーローを助ける事が出来たグループもありました。 昼食後はCookingのレッスンでショートブレッド作りに挑戦しました。英語でレシピや作り方を聞きながら、児童たちは上手にショートブレッドを焼くことができました。 その後はFree time activityでお土産やキャンディの英語でのお買い物体験をしました。欲しいものを自分で英語で伝えたり、代金を英語で聞いて支払うこともできました。 また児童たちは雪が嬉しくて、少し雪遊びも体験しました。

英語語学研修 到着

新大阪からの長旅を経て、無事にブリティッシュヒルズに到着しました。 高く積もる雪や、日本とは思えない景観に児童たちはワクワクしています。 オリエンテーションでは、英語でレジストレーションカードと呼ばれる宿泊者カードのようなものを記入しました。そして、May I check in, please?とたずね、お部屋の鍵を頂きチェックインを終えました。 チェックイン後は食事場面でのマナーについて楽しく学びました。 今日は夕食前に、この3日間でたくさん使う表現についてのレッスンを受けています。 最初は緊張していた児童たちも、授業が始まり盛り上がってくるといつもの元気な様子で英語でのレッスンを楽しんでいます。

英語語学研修 出発

4、5、6年生の希望者25名は本日より福島県にあるBritish Hillsにて3日間の英語語学研修に参加します。 去年に続き2回目の参加となる児童、今年初めて参加する児童、それぞれがこれから始まる研修にワクワクと期待を膨らませて、新大阪を出発しました。 We will enjoy our stay at British Hills!

6年生英語劇

3月8日に6年生は兄弟学級の1年生を招待して、英語劇の発表を行いました。
今日の本番に向けて、「良い英語劇にしたい」「1年生に喜んでもらいたい」という思いを持ちながら、色々なことに工夫しながら練習に励んできました。
本番では「少し恥ずかしい」という思いもありましたが、それ以上に「目の前の兄弟学級の1年生たちに喜んでもらいたい」という気持ちで、楽しい発表をすることができました。
1年生はお礼に、6年生が1年生の頃に歌っていた歌2曲をプレゼントしました。6年生は元気いっぱいな1年生の歌声を聴きながら、「懐かしい」と言いながら一緒に口ずさんでいました。
最後には一緒に記念撮影をし、兄弟学級のバディ同士で「Thank you」「今までありがとう」と声を掛け合っていました。とても素敵な姿に、あたたかい気持ちになりました。
 
6年生も1年生もGood job!

カメハメハ スクールとの交流

今朝、5、6年生の児童3名の代表が、ビデオチャットを使った生中継でハワイのカメハメハ・スクールと交流をしました。カメハメハ・スクールの3、4年生が"Mele Kalikimaka"と呼ばれるハワイのクリスマスソングを歌ってくれました。私たちはお返しに"We Wish You a Merry Christmas"を英語で歌いました。その後、冬休みや、お正月の過ごし方などについて質問をしあい、お互いの国や学校について話しながら交流しました。19時間の時差を超えて、その場でやりとりができ、子どもたちはとても楽しんでいました。
ビデオチャットを使っての交流は初めてでしたが、また2018年もこのような交流を楽しみたいです。
 
Today, three students from fifth and sixth grade participated in a live video connection with a famous private school in Hawaii called Kamehameha School.  Third and fourth graders in Hawaii sang a Hawaiian Christmas Song called Mele Kalikimaka to our Tezukayama students, and we sang s We Wish You a Merry Christmas to them.  There was time to exchange questions and answers from both sides.  The interaction was very lively and fun.  This was the first time to do a live video connection this year.  We hope to continue in 2018 with this partner school as well as other schools in the future!

Merry X'mas!

メリークリスマス!
今年も年の瀬が近づいており、英語の授業では1年生から4年生までが2学期末恒例のクリスマスカード作りを行いました。
作り方や注意点などをしっかり英語で聞き、みんな楽しそうに作っていました。
 
「誰に渡そうかな〜?」「喜んでくれるかな〜」とわくわくしながら、作っている様子はとてもほほえましかったです。
みんなの思いが届きますように…
 
Merry X’mas!

英検サポート学習

本日より1月21日に実施される「英検」にむけて英検サポート学習会がはじまりました。

希望者は、放課後の時間を利用して特別学習をしています。
自分で決めた級に合格出来るように、児童たちは集中して学習していました。
サポート学習会は、1月まで続きます。
 

関西空港課外学習

 5年生は今学期、What an interesting world!という内容で世界について、また日本について勉強しています。
 本日、5年生たちは関西国際空港で海外からのお客様たちにインタビューをしました。空港での課題は3組の海外からのお客様にインタビューをすることでした。今日までに児童たちは授業でインタビューの練習を重ねてきました。積極的に声をかけることができる児童や、少し恥ずかしくて勇気が必要な児童もいましたが、どの班も今日の目標を達成することができました。
 今回のインタビューで児童たちは、実践的な英会話の経験だけでなく、勇気を持って声をかけることの大切さも学びました。少し厳しそうだなと感じた人も、実際にインタビューに答えてくださる時には優しい笑顔で対応して下さり、見た目だけではどういう人かはわからないということも学びました。
  今日のこの体験は児童たちにとって、とても有意義な体験でした。そして今日の活動を通して、さらに彼らの世界観が広がりました。
  インタビューを許可していただいた、関西国際空港の皆様、そしてインタビューに優しく答えてくださった多くのお客様、本当にありがとうございました。
 
After weeks of practice, we took the 5th grade children to Kansai Airport. The mission was for each group of students to interview at least 3 people from other countries in English.
Some children had no problem approaching people and some were shy and needed a little encouragement, but by the end of the time everyone completed their goal.
 
Besides getting practical English conversation experience, the kids learned to overcome their shyness and step out of their comfort zone. They also saw first hand that kindness cannot be judged by how a person looks.  They met many kind strangers, who at first "looked scary."
 
Overall it was a great time for them and a valuable life experience that expanded their world views.
 

レシテーションコンテスト

代表児童3名が11月4日(土)に百合学院杯第五回小学生英語暗唱大会、
そして内2名が11月6日(月)に西日本私立小学校連合会による
第15回小学生レシテーションコンテストに参加しました。
 
9月の校内レシテーションコンテストを終え、代表に選ばれた児童3名はこれらのコンテストに向けて
日々練習を重ねてきました。
練習のたびに苦手な単語の発音を克服し、お話を上手に伝えるためにはどう工夫をすれば良いか考え、
努力を重ねてきました。
残念ながら入賞はできませんでしたが、彼女たちが得たものは大きかったのではないでしょうか。
たくさんの人の前でお話すること、それを英語で発表するというのは容易なことではありません。
これらのコンテストに向けて頑張って来たことは、3名それぞれにとってとても貴重な良い経験になったことでしょう。
この経験を活かして、また新たなことに挑戦していって欲しいです。


Recitation Contest
Three representatives from Tezukayama Gakuin Elementary School participated in the 5th Yuri Gakuin English Recitation Contest on Saturday, November 4. Two of them participated in the 15th Western Japan Private Elementary School English Recitation Contest on Monday, November 6.
 
All three students practiced very hard after being selected from our school's recitation contest. After each practice, they over came pronunciation difficulties and thought of ways to tell their story to their audience in more effective ways.
Unfortunately, they did not get an award, but what they received was bigger than a trophy. To speak in front of many people and to give a speech in English is not easy. What was important is they tried their best. Their hard effort and the experience gained by doing this was their true prize.
 
From this experience, they will be able to build on it and become more successful in the future.

第9回 英語レシテーションコンテスト

9月25日(月)6時間目に第9回校内英語レシテーションコンストを行いました。
予選で選ばれた8名の児童が出場し、夏休みから重ねてきた練習の成果を発表しました。
 
児童たちは単に発表をするのではなく、見てくれている人にお話の世界が伝わるように、という点を心がけてきました。
それぞれが細かな英語の発音やイントネーション(声の抑揚)に気をつけ、顔の表情、声の使い方、ジェスチャーなどの表現方法にも工夫を凝らしました。
発表児童たちは自分の順番がくるまでは緊張した様子でしたが、マイクの前に立つと堂々と発表することができていました。
その中でも細かな発音まで丁寧に発表できていた5年生児童が1位に選ばれました。
火曜日にその表彰が行われ、1〜3位の児童には盾が、そして全員に表彰状が授与されました。どの児童も本当によくがんばりました。
今回のコンテストは参加した児童たちにとって、英語力の向上だけでなく、自分自身をひとまわり大きく成長させてくれる良い経験になったと思います。
また、発表を真剣に聞いていた4、5、6年生の児童たちにとっても、いい刺激となりました。
どの児童もまたこれを機に新たな挑戦を始めていってくれると嬉しいです。

司会も児童が行います

ウヰルミナ杯女子小学生英語暗唱大会で優勝

8月26日(土)、大阪女学院で開催された英語暗唱大会に本校の6年生児童が出場しました。
30名を超える出場者がいましたがその中で物怖じすることなく堂々とこれまでの練習の成果を発揮し、
結果1位を獲得することができました。
発音やイントネーションなど英語そのものの力はもちろん、表現力もすばらしいものでした。
この経験が自信に繋がり、ますます力を伸ばしてくれると思います。
なお、27日の読売新聞朝刊にコンテストの様子を取り上げていただいています。
おめでとう!!

校内レシテーションコンテスト予選結果発表

今年で帝塚山学院小学校英語レシテーションコンテストも9回目を迎えます。
7月7日に校内で予選が開かれました。
毎年5、6年生の中から多くの児童がチャレンジしており、今年は38名の児童が英語の発表に挑戦しました。
今年の課題はMrs. Wishy-washyという1分程のお話でした。発表した児童たちは少し緊張しながらも、それぞれに表現に工夫をして、楽しくお話ししてくれました。
その中から選ばれた8名の児童は9月25日の本選に向けて、3分程のスピーチを練習し、覚えていきます。
今回選ばれた児童、選ばれなかった児童、その一人一人が自分に挑戦するということを頑張ってくれました。この経験をまた今後の英語学習や様々な場面で活かしてもらえたら嬉しいです。

Grammar Classが始まりました(5、6年生)

5、6年生は週に3時間の英語の授業があります。
そのひとつ、Grammar Classが始まりました。
この授業は習熟度別のクラスで、自分の今のレベルを知り、目標を持ってそれぞれのスキルアップを目指す授業です。
一年後にどれだけできることが増えるかな?みんな頑張っています!

英語語学研修3日目 2

児童たちは午前に2つの授業を受け、この語学研修のすべての授業を終えました。 最後に修了式が行われ、児童たちは一人ひとり名前の書かれた修了書を受け取りました。 雪深いブリティッシュヒルズをはなれ、大阪へ帰ります。

英語語学研修3日目 1

英語語学研修も最終日をむかえました。 朝にかけて降り続けた雪で、外は一面真っ白です。 児童たちは外の様子を見て、降り積もる雪に驚きながらも、笑顔を見せています。 朝は全員でミーティングを行い、最終日の予定を確認しました。 その後、朝食を終え、レセプションにて自分たちでチエックアウトを行いました。 "May I check out, please?" 堂々と英語で話す様子はとても頼もしかったです。 午前は2つ授業を受け、最後修了式を行います。

英語語学研修2日目 2

2日目後半はテーブルマナーについて教えて頂きました。ナイフフォークの使い方や食べ終わりを表すナイフフォークの置き方などを知ることができました。 そしてそのテーブルマナーを使い、コース料理を食べました。習ったことを活かそうとみな頑張ってくれていました。 夕食後はグループ1はPubへ、グループ2はTuck shopへと行きそれぞれの時間を楽しみました。 2日目もあっという間に終わりました。

英語語学研修 2日目 1

英語語学研修2日目です。 ブリティッシュヒルズでは雪が降り、児童たちは空からちらちら舞い落ちる雪に嬉しさを隠しきれません。 児童たちは朝から元気いっぱいで、朝食を美味しく頂き、授業を受けました。 授業の合間にはスタンプラリーを楽しみ、先生方やスタッフのみなさん、Pepperくんにも積極的に英語で話しかけていました。 午後の授業ではグループに分かれて全員がスコーンを作りました。レシピや作り方などの全てを英語で教わり、クッキングを楽しんでいました。

英語語学研修 1日目 2

語学研修1日目の授業を終えました。 授業は2グループに分かれて少人数で受けており、グループ1は英国のスポーツを、グループ2は滞在中によく使える表現などを学ぶ授業受けました。 英語での指示をしっかり聞き、応対できている様子を見ると頼もしく思います。とっさの表現など、言いたいことを英語に出来ない時はまだありますが、"How do you say 〜?”と先生にたずねながら、積極的に英語を使おうとしている姿勢が見えます。 夕方からは夕食を美味しく頂き、英語で飲み物を購入する体験を行なったり、キャンディショップで英語でのお買い物を体験しました。 移動中には、大阪では見えないほど小さな星までがキラキラ輝く星空に感動しました。 明日は朝から様々な授業を受けます。 明日も楽しく、英語を学んでいきたいです。

英語語学研修 1日目 1

今日から4、5年生の希望者27名は英語語学研修に参加し、福島県にあるブリティッシュヒルズを訪れています。 新大阪を9:20に出発し、ブリティッシュヒルズに着くまではおよそ5時間の長旅でしたが、児童たちはわくわくしながら、道中を楽しんでいました。 ブリティッシュヒルズに到着すると、一面に広がる銀世界で、児童たちは雪に大喜びでした。 英語によるオリエンテーションとチェックインをすませ、午後4時よりグループに分かれて予定通りレッスンを受けています。 少し緊張している様子ですが、二泊三日でどれだけ楽しく、たくさん英語が使えるか楽しみです。

カレンダー

  123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930       

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ページの先頭へ