5年国語 研究授業

1月29日(火)6限に、研究授業が行われました。
日々、このような研究授業を行うことで、指導力や教師力の研鑽を行うためです。

今回は、5年生で、国語「説明的文章の読解」という学習を行いました。
「話題」「説明・意見」「具体例」「比較」といったポイントを押さえた文章読解の仕方を学んでいきました。内容の少し難しい文章でも、先生の方を向いて、授業に集中できていました。

算数科研究授業(3年生)

12月12日3年生算数で研究授業が行われました。

3年生では重さについての学習をしました。
自分たちが量りたい物の重さの合計を、ビー玉やおはじき、消しゴムなど、さまざまな物を使って表現していく授業です。子どもたちは、解決に向け、グループごとに一生懸命話し合うことが
できていました。

くふうして数えよう(2年生 研修授業)

12月5日(水)2時間目に2年生A組にて算数の研修授業を行いました。
今回は一人一台iPadを活用し、ミライシードというアプリケーションにて数のまとまりを見つけていく学習を行いました。
iPadを活用することで、「うわ、すごい。」「おもしろい!」といった声もあがり、とても楽しそうに授業に取り組んでくれていました。
他の児童の考えを素早く共有することで、たくさんの気付きが生まれた授業となりました。

大阪を世界に宣伝しよう!(4年生 校内研究授業)

帝塚山学院小学校では、日々積極的に研究授業を行っています。

11月13日(火)6時間目に4年生を対象に校内研究授業を行いました。
授業テーマは、自分たちが住む街「大阪」の魅力を伝えようでした。
グループでの話し合い、調べ、まとめたことを発表しました。
お互いのグループの発表を聞いて質問したことで、よりたくさんの大阪の魅力を感じることができました。

算数研究授業(4年生)

帝塚山学院小学校では、積極的に研究授業を行っています。
今回は、4年で算数 の研究授業を実施しました。
単元名は、「面積」です。
面積の求め方を工夫して解き、ペア学習で相談したり、説明をお互いにしました。
子どもならではの発想もあり、友だちの説明に「すごい!」と思い、自然に拍手が出る場面もありました。
解き方が何通りもある問題で、自分の解きやすい解き方をそれぞれ探し、見つけることができました。

 
互いに考えを伝えている様子です

音楽科研究授業(4年生)

帝塚山学院小学校では、日々積極的に研究授業をすすめています。

音楽科の研究授業を4年生で行いました。
夏休みの思い出をテーマに、声やリコーダーを使って1人1人音楽をつくりました。
そしてつくった音楽を、班の中で聴き合ったり、一緒に演奏したりしました。
試行錯誤しながら、楽しそうに取り組む子ども達の姿が印象的でした。


はじめてのキャンプ!(校内研究授業)

本日、6時間目に5年生を対象に校内研究授業を行いました。
授業テーマは、今年ははじめて参加する行事、キャンプについてでした。
はじめてのキャンプに備えて、用具の使い方や気をつける事を各グループで話し合ったり合ったり、調べたりしました。

情報科 アンプラグドプログラミング(4年生)

本日、4年生でアンプラグドプログラミング(コンピューターを使わないプログラミング)の授業を行いました。
プログラミングの基礎であるシーケンス(順序)とデバッグ(修正)について学びました。

課題は、「先生ロボにお茶をのませよう」です。
人間がこの動作をすることはとても簡単です。
先生をロボットに見たて、この動作をしてもらうには情報を正確に伝えなければ動きません。
日常生活の動作を、順序立てて言語化するのは、少し難しかったようです。
児童たちは、命令を順序立てて説明すること、また間違いがあると正しく動けない事に気付きました。

社会科 部内研修授業 3C:地図を見て、いろいろ気づこう!

11月30日(木)1時間目、3C教室で部内研修授業が行われました。

まず、地図が何のために作られ何が分かるかについて、大阪市の地図を使いながらいろいろな意見を出し合いました。
「線路があります。」「川が流れているよ。」「上町台地!」などなど、たくさんの発見がありました。
 次に、錦織公園の絵地図が配られました。
「遊具は何か所ありますか?」
の問いに子どもたちは嬉々として探し、2・3・4・5・7と様々な回答が出たのには、先生もびっくり。
その後の各自の作業でも、たくさんの情報を読み取っていました。
 地図の読み取りの楽しさを味わえた、1時間になりました。

食育研修

学校給食では、毎月、諸外国の食文化を理解する目的で「世界の料理」を提供しています。
本日の5年生の食育授業では、「世界の食文化からお互いの国をよく理解しよう」と題して、給食で提供したことがある日本、韓国、インド、フランスの食事をそれぞれ比較しました。さらに、異なる理由も考え知ることで、それぞれの国の食文化に対する理解を深めた上に、国際親善人の姿勢として互いの文化を尊重することを学びました。

教員の研修では、食育とは何で、なぜ学校での食育が大切なのかを教職員で共有しました。教員が普段、食育と意図せずにしている指導を「それ、食育です!」と紹介し、食育は難しくないことを知ってもらいました。植物や健康で食に関する授業の折には、ぜひ学校給食を活用したり、管理栄養士も活用したりして、学校全体で食育を盛り上げていけたらと思います。

図工科 コンピュータを使わないプログラミング

2年生図工において、コンピュターを使わないプログラミング(アンプラグドプログラミング)の授業を行いました。
プログラミングの基礎である条件設定「もし〜なら〜する」「そうでないときは、〜をする」を絵にして表現しました。
次回の授業では、「大人になったらどんな仕事をしたいですか?」「どんな服を着たら良い仕事ができますか?」
というテーマで実際にユニフォームを作ろうと思います。

英語科研究授業(3年生)

帝塚山学院小学校では、日々積極的に研究授業をすすめています。

3年生の英語C(conversation)で研究授業を行いました。
単元は「3年生の復習をしよう」です。
この1年間に学んだことをKeynoteスライドで復習し、「振りかえりシート」にどれくらい理解しているかをひとつずつチェックしていきます。
リストにするとたくさんの表現を学んだことが目に見えてわかり、児童も「こんなことができるようになった!」と自信をつけてくれました。
その後、グループで復習すごろくゲームを行いました。
自然にたくさんの英語が飛び交い、楽しい時間となりました。

図工科研究授業(2年生)

帝塚山学院小学校では、日々積極的に研究授業をすすめています。

2年生では図工の研究授業(藍染め)を行いました。
前回の授業では、藍染めカルタ大会を行い、藍染めにかかわることを楽しく学んだり、バックに輪ゴムで絞りをかけました。

今回は、紺屋藍を使用して、染める作業でした。
藍液をグループで作った後、1つ1つの工程を確認しながらバッグを染めていきました。
藍色に染められたバッグから輪ゴムをほどくと、生地の白い模様が現れ、個性のあるバッグに仕上がりました。
今回の経験により、染める喜びを感じ、染物や色に興味を持ってくれたらと思います。

音楽科研究授業(3年生)

帝塚山学院小学校では、日々積極的に研究授業をすすめています。

3年生で音楽の研究授業を行いました。

鍵盤ハーモニカで音楽づくりをしました。
班ごとに、ミ・ソ・ラの3つの音を使ってメロディーを、低いラ・ソを使って伴奏を作りました。
メロディーは、4拍分をまねっこ(模倣)してつなぎました。
伴奏に使う音は2つだけですが、それぞれの班で工夫し、オリジナルの音楽をつくっていきました。
次の授業で、つくった音楽を発表します。
どんなアイディアがきけるのかとても楽しみです。

図書・ICT研究授業(4年生)

帝塚山学院小学校では、日々積極的に研究授業をすすめています。

図書・ICT学習を4年生で行いました。
「本を紹介しよう」という単元で、本を紹介するPOPカードをiPadを使って作りました。
今回は、ICTを表現の手段として活用しました。
4年生の児童は、プレゼン用アプリの機能に気づき、自由に絵や字を書いたり、写真を撮ったり、写真の上に字を書いたり、紹介メッセージを音声にして残したり、いろいろなことを試していました。
アプリの特色を生かし、時間に制約がある中で、工夫を凝らしたPOPカードに仕上げることができました。
最後には、友達のPOPカードを共有画面で見合って、お互いに鑑賞しました。

生活科・ICT研究授業(2年生)

帝塚山学院小学校では、日々積極的に研究授業をすすめています。

先日、生活科の研究授業を2年生で行いました。
1人1台ipadを使い、授業を行いました。
ipadの基本的な使い方からはじまり、ipadを利用して「自分を伝える」ということを行いました。
子ども達は、ipadを上手に使い、自分をしっかりと表現していました。


国語科研究授業(4年生)

帝塚山学院小学校では、日々積極的に研究授業をすすめています。

国語科研究授業を4年生で行いました。
今回の授業では、ipadを班に1台ずつ持ち、「慣用句」について学びました。
それぞれの班が頭をひねり、慣用句を学び、その「語源」について調べました。
これを機に、日常生活でも活用してもらえたらと思います。

算数科研究授業(5年生)

帝塚山学院小学校では、日々積極的に研究授業をすすめています。
算数科研究授業を5年生で行いました。

今日の授業では、「平均とその利用」の単元で、「お小遣いアップ作戦」とし、周りの友達がだいたいいくらお小遣いをもらっているか(相場)を調べるためには、どうすればいいかを考えました。
児童は、他の人の意見をつなぎ、図、言葉、式を使い説明していました。

ICT・図工科研究授業(1年)

帝塚山学院小学校では、日々積極的に研究授業をすすめています。
ICT・研究授業(図工)を1年生で行いました。
帝塚山学院小学校専用WEBサイト「てづかやまはてな」を利用し、1人1台タブレットを使った授業を実践した。
「てづかやまはてな」は、WEB図鑑とWEBリンク集が閲覧できるサイトで、今回はWEB図鑑を参考にして「動物」について調べた。児童たちは、WEB図鑑に興味を持ち色々を拡大して調べました。そこから、体育大会で変身する動物を選び衣装を制作しました。

ICT・算数科研究授業(1年)

帝塚山学院小学校では、日々積極的に研究授業をすすめています。
ICT・研究授業(算数)を1年生で行いました。

今回、1人1台ipadを使って「かたちづくり」の勉強をしました。
いくつもある三角形を移動させたり、回転させたり、くっつけたりして家や風車などの形を作りました。
辺と辺がぴったり重なることや三角形を組み合わせると四角形になることなど、図形構成の力が養われる大切な単元です。
ipadを使って試みることことで、より主体的に、また一人ひとりの習熟に合わせた形で学ぶことができました。
授業の終わりに、子ども達から「もっと色んなかたちを、またしてみたい!」と意欲的に取り組めた様子の声が聞けました。

さらにどんなかたちでICTを使い、授業が出来るか、これからも模索していきたいと思います。

体育科研究授業(6年・1年)

6年担当教員
普段から、兄弟学級として一緒にお弁当を食べたり、一緒に百人一首大会に出場している、6Bと1Bが体育の跳び箱を一緒にしました。
1年生ひとりに6年生ひとりがつき教えます。
6年生は、その子に合ったアドバイスや声掛けを考え、1年生はそのアドバイスを受け、自分なりに工夫し、取り組みます。
「手をもうちょっと前につこう。」「そう!上手!」一人ひとり工夫して丁寧に教えてくれました。
また、技術だけでなく、授業での態度、協力、ルールなども教わります。
卒業まであと少しとなった6年生ですが、まだまだ後輩に大切なことを伝え、技術や思いは継承されていきます。


1年生担当教員
6年生が1年生に跳び箱を教えてくれました。
6年生は伝え方を一生懸命考え、1年生はその言葉を聞いて一生懸命跳んでいました。
入学式の時から学校生活を支えてくれた6年生に教えてもらって、1年生はすごく上達しました。
6年生が卒業するまで、あと少しですが、跳び箱以外の事も伝えていってほしいです。

算数科研究授業(1年生)

13個から4個取るには、どのような取り方があるのだろう。
今までの考え方以外にあるのかな?と周りのお友達と一緒に考えながら取り組みました。
答えは同じだけれど、色々な考え方があるということに気付きました。

校内研究授業(国語)

2年生の国語「にたいみのことば  はんたいのいみのことば」の単元で、今回は「はんたいのいみのことば」を取り上げ、校内研究授業を行いました。
木曜日の6時間目にもかかわらず、児童たちは積極的に手をあげ、大きな声で発言していました。

反対の意味を表す言葉があるもの、ないもの、同じ言葉でも意味によって反対の意味が変わるものなどを考えていきました。
グループ活動でも一人ひとりがたくさん意見を出し合い活発でした。
様々な視点から言葉について考えることができました。

探究研究授業

4年A組で探究の研究授業を行いました。
4年生は、「古くから伝わるものには、伝え続けていく素晴らしい価値がある。」ということについて、堺刃物を通して学んでいます。

研究授業では、前時の振り返りと堺刃物のついて視点を変えて考えてみるという学習をしました。

物事を深く考えるために、視点を変えて考えてみるということを身につけてほしいと思っています。

算数科研究授業(5年生)

昨日、6時間目に5年C組の算数科で研究授業を行いました。

単元は、「整数・素数・約数」でした。
本時では、1c㎥の積み木を使い授業を行いましたが、子どもたちはとても意欲的に発言し、取組み考えを深めていく事ができました。

体育科研究授業「ポートボール」(4年生)

”友達と教え合いながら励まし合う”を目標に子ども達は積極的に授業に取り組みました。

チーム内でいろいろな作戦を立て試合ごとに上手くなっていきました。

みんなが声を出し、笑顔でプレーする姿がとても印象的でした。

元気なあいさつ、きびきびとした行動、励まし合う姿は4年C組のこの一年の成果がよく出ていました。

算数科研究授業(5年生)

分数の足し算をしてみました。

解いてみると・・・あれ?ある規則らしい数の並びが見つかりました。

さぁ、この続きはどうなっているのでしょうか。

いくつかのヒントから次の予測する楽しさ、規則を発見する面白さを体感して、

算数を少しでも好きになってもらえたらと願っています。

算数科研究授業(5年生)

今回の研究授業は「いろいろな速さに関する問題を解こう」の単元で行います。

生活に身近な文章問題を取り扱いました。

ただ文章を読んで問題を解くのではなく、まず問題文を読んだ感想を自由に書かせ、発表させる中で、場面を明確にとらえ、答えに導いていきます。

子どもたちの表現豊かな感想で問題文を深く読み込む授業になりました。

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031       

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ページの先頭へ