ICT環境整備の取り組みについて

ICT(Information and Communication Technology)とは、「情報通信技術」の略語ですが、ネットワーク通信による情報・知識の共有を意味しています。
小学校では、各教員にiPad、ノートブックパソコンを支給し、各教室には、電子黒板機能のついた短焦点型プロジェクター、AppleTV、無線LANなどのICT環境を整えました。
こうした教室環境で、授業が大きく変化し始めています。

■ ICT活用の利点

  • 教員の板書などの時間の省略化がはかられ、授業の密度が深まる。
  • 電子黒板機能を使ったり、視覚情報を使用することで子どもたちの授業への興味関心が深まる。
  • 子どもたちの優れたノートをiPadで写真に撮りプロジェクターで瞬時に拡大投影して共有化する。
  • 授業を映像記録する事で、教員が自らの授業を客観化し次につなげる。
  • 子どもたちのプレゼンテーションの活性化。