教育目標

時代を生き抜く人間力のある子どもに

帝塚山学院小学校は、100年の歴史の中で変化に臆することなく、常に新しいことに挑戦し続けてきました。伝統は伝承ではなく日々の革新で輝く。その気風がまさに本校の伝統なのです。
例えば、自ら考える「自学主義」教育。子どもたちの可能性をさらに引き出すため、早くから自分たちで考える場を授業や課外活動に取り入れてきました。私たちは、児童一人ひとりの「たくましい心と体」「尽きない探究心と向上心」「豊かな知識」「思いやるやさしさと個人の魅力」を育む学校づくりを目指します。
本校での学びは必ず、これからの時代を生き抜く人間力となるはずです。

本校には、児童の目指す姿を実現するための、3つの教育体系があります。

帝塚山学院小学校の教育体系

生活を通して、個人の魅力を高める
さまざまな機会を用意しています。

恊働学習

話し合いにより問題を解決する学習方法。答えを導きだした過程を説明し合う中で、理解が深まっていきます。自分の意見をはっきり述べ、友だちの意見を聞き、思いやりの心をもってお互いに協力することの大切さを学びます。

授業例

2025年、大阪万博が決まり世界から注目を集めている大阪。そこで、4年生では「大阪を世界に宣伝しよう!」というテーマでグループ学習をしました。相手の多様な意見を取り入れて大阪の魅力をプレゼンテーションしました。
他者の考えも共有しながら自分の考えを発表することを意識させています。また、具体的に理解を深めるためにICTを活用しています。

相手の考えや情報を共有し合える場として Innovation Room

innovation roomでは、グループトークや恊働学習に適した教室設備、プレゼンテーションに適した壁一面のホワイトボードや複数台のプロジェクターを設置しました。また、プログラミングやメディア・リテラシーを学ぶ場としても利用されます。

本物体験

本物の自然や文化芸術に直接触れたり、創造活動に参加したりすることにより多くの感動を得ることができます。子どもたちの豊かな感性を磨きます。

自然体験プログラム

スキー・稲刈りと収穫・キャンプ・臨海学舎等

国際理解プログラム

国際交流・語学研修・英会話インタビュー学習等

伝統文化理解

歌舞伎体験・落語体験・能体験等

情操教育

オーケストラ体験・美術ギャラリーでの美術展・百人一首大会等

しつけ

毎日の学校生活の中で、あいさつ・言葉遣い・思いやりの心を大切にする指導を行っています。友だちと一緒に過ごす時間を楽しいものにするとともに、社会に出てからも通用する素地を身につけます。

取り組み例

あいさつ
コミュニケーションの基本である「あいさつ」。毎朝週番の児童と教員が校門に立ってあいさつを行っています。礼儀正しく、自然にあいさつができるよう指導しています。

奉仕活動
校舎やその周辺の清掃活動など、学校と地域のためにできることを自ら考え、行動する、奉仕活動の時間を設けています。いつも使っている校舎への感謝の心と、社会貢献の大切さを学びます。

各教科の教員が、一丸となって取り組み、
確実に力を育む学びを実践しています。

各教科の取組み

100年以上の伝統を誇りながらも、常にその時代に即した教育を展開してきた帝塚山学院小学校。児童の未来を生き抜く力を鍛え上げるために、将来を見据えた教科指導を行っています。

学習の習慣づけ
1年生から受ける図書の授業や毎日書く日記を通して、「読むこと」「書くこと」を習慣として身につけ、国語の基礎となる力を養います。

学習意欲を育む
新しいことを即座に習得したいときは、楽しく学ぶと学習効果が高くなることが科学的にも実証されています。社会科では、児童自身で都道府県クイズを作成しクイズ大会を行います。本校では、さまざまな楽しみながら学習できるプログラムを行っています。

独自の教材

おけいさん
「できた!」という達成感を味わうことにより学習意欲が芽生えます。次へ次へとより高いレベルの内容を学習していきます。いつでもどこでも反復練習が行えます。
また、基礎知識定着のために、漢字教材「てづかんじ」や「理科道」などさまざまなオリジナル教材を作成しています。

英語教育

時代によって形を変化させながら続いてきた帝塚山学院小学校の英語教育をご紹介します。
どの授業でも「できる!」という気持ちを育みながら、楽しく学ぶことをモットーとし、ネイティブ教員5名、日本人教員3名の8名体制で英語教育を行っています。授業・単元によって適性に応じたグループに分かれた少人数制を用い、細やかなや確認やフィードバックによるサポートをし、各児童の英語の力を育てています。

児童の個性に合わせた指導で、保護者の方にも
安心・信頼していただける体制が整っています。

新カリキュラム

先取り学習で早期の単元獲得を可能にし、学ぶ意欲の高い児童の期待にも応えられる授業を展開しています。先取りした分、高学年では演習を中心に取り組むことで、より理解を深められます。

カリキュラム例(算数)

算数では通常3年生で習う「わり算」を2年生から学んだり、6年生で習う「分数のかけ算・わり算」を5年生で取り入れたりしています。

※次の学年の単元を3〜4ヶ月分先取って学習していることがわかります。6年生で中学の予習もできる余裕が生まれます。

少人数制TT授業

個々に応じた授業を展開するために、新教室C4スクエアを新設しました。英語では、適性に応じたグループに分かれた少人数制を用い、5・6年生の国語・算数では、週に1回クラスを2つに分けてきめ細やかな指導を実現しています。

確かな学力

子どもたちに確かな学力を身につけさせるため、学習の習慣づけ・子どもの発達段階の確認を積極的に行っています。子どもたちの主体的に問題を解決する能力を養います。

  • 朝の基礎学習
  • スッキリ計算
  • 学び合い
  • フォローアップ
  • 漢字検定/計算検定
  • ICTの活用

授業時間外の学び場

帝塚山学院小学校では、課外のサポートもしっかり行っています。放課後や休日、長期休暇にも、安全かつ充実した学びの場を設けることで、児童一人ひとりの状況に寄り添った学校生活を提供します。

TASC

1~6年生を対象としたアフタースクールです。共働きのご家庭でも安心して通っていただけます。

TSS

小学校の敷地内で年間30日、土曜日に、英語によるイマージョン・プログラムを実施しています。

夏期講習・冬期講習

夏休みや冬休みを利用して、学力の定着を図るため、5・6年生を対象に講習会を行っています。