学び

美術・映像・デザイン専攻

2年生では、PhotoshopやIllustratorでのスキルアップ、デザインに必要な構成力、計画性、色彩表現を習得。絵画の大作にもチャレンジします。3年生では、立体工芸から映像・デザインを用いたマルチメディア表現まで、それぞれの授業で本格的な作品制作、プレゼンテーションなどを行い、完成度を高めていきます。

専門授業PICK UP

描写基礎

描くことを練習するとともに、対象をしっかり見ることで、表現の土台となる観察力を養います。

メディア基礎

高1からMacによるグラフィック制作の基礎を学びます。

素描

素描デッサンは3年間通して行います。基本形態から静物、石膏像など幅広いものを描きます。

美術概論

豊富な映像資料で、美術の歴史や変遷、現代美術についての知識を深め、考える力を養います。

デザイン

プレゼンテーションを積極的に取り入れた授業で、デザインにおける客観的な視点と伝える力を養います。

デザイン

色面構成やレタリングなどの課題で、デザインにおける構成・配色など基礎的な力を伸ばします。

映像メディア

ARTアニメーションやグループでのCM制作など様々な映像作品を制作します。

立体工芸

ケント紙による立体表現や革細工など、様々な素材に触れながら立体作品を作ります。

担当教員のメッセージ

絵画・美術史 兵頭 学

幅広い美術作品創作を通して、創造の世界を広げましょう。