平成27年7月1日より、理事長に就任いたしました野村正朗でございます。
 当法人は、大正6年(1917)に、「模範小学校を設立し、理想的教授を施さん」という高い志のもとに、大阪の実業家五人によって創設されました。初代学院長庄野貞一は、設立趣意書の中で、時代は変わっても変わらない確かな教育理念「自学主義」としての求知的態度の育成を謳われました。
 また、設立趣意書の中にある「意志の力、情の力、知の力、躯幹の力」を備えた人物を作れという言葉は、今の時代だからこそ必要な教育の本質として、改めて心に刻んで参ります。先行き不透明な時代に生まれた子どもたちに、そういった理念に基づいた、自分で生きていく力、いわゆる「人間力」を育んでいく必要があると考えております。
 帝塚山学院は、幼稚園から大学までを擁する総合学園として発展して参りました。その陰には、先人の努力と、地域社会にあって地元の方々に愛され親しまれてきたからこそ、今日の学院が存在していることも忘れてはなりません。
 この長い歴史の中には、2世代3世代で帝塚山学院卒業という方が少なくありません。最近では4世代という方もいらっしゃいます。これも創立当初から続けてきた教育理念が評価されているのと同時に、時代の変化に対応した教育活動への期待が高いからこそと自負しております。
 来年創立100周年を迎える帝塚山学院が持つ、品格ある由緒正しい私学という歴史と伝統を後世に引き継ぎ、新時代に相応しい学院経営を図ることが私の仕事と考えております。

理事長プロフィール

野村 正朗[のむら まさあき]

学歴 昭和45年3月 大阪府立北野高等学校卒業
昭和49年3月 大阪大学基礎工学部卒業
主な職歴等 平成15年5月 りそな銀行取締役兼代表執行役社長就任
平成19年6月 りそな信託銀行取締役会長就任
平成21年6月 公益法人りそなアジア・オセアニア財団理事長就任
平成21年10月 学校法人帝塚山学院 評議員就任
平成23年6月 新日本理化株式会社 取締役会長就任
平成25年4月 学校法人帝塚山学院 理事就任
平成27年4月 学校法人帝塚山学院 専務理事就任
平成27年7月 学校法人帝塚山学院 理事長就任

理事長プロフィール

野村 正朗[のむら まさあき]

学歴

昭和45年3月 大阪府立北野高等学校卒業
昭和49年3月 大阪大学基礎工学部卒業

主な職歴等

平成15年5月 りそな銀行取締役兼代表執行役社長就任
平成19年6月 りそな信託銀行取締役会長就任
平成21年6月 公益法人りそなアジア・オセアニア財団理事長就任
平成21年10月 学校法人帝塚山学院 評議員就任
平成23年6月 新日本理化株式会社 取締役会長就任
平成25年4月 学校法人帝塚山学院 理事就任
平成27年4月 学校法人帝塚山学院 専務理事就任
平成27年7月 学校法人帝塚山学院 理事長就任