運動

毎週1回、体育の時間を導入。(対象:年少~年長)

帝塚山学院幼稚園では、幼児期の運動体験の大切さを重視し、体育指導員による体育の時間を設けています。 特に最近の子どもたちは、運動量が低下し自分の身の安全を守ることも難しくなってきています。 そんな時代に育つ子どもたちに、当園では知的にも身体的にも満足でき、思わず子どもたちが「もう終わりなの!?」って言ってしまう新鮮なおどろきのある体育教室を展開しています。 体を動かす喜び、体育の楽しさを知った子どもたちは自ら体を動かし、幼児期に必要とされる身体能力や運動機能を身に付けることが出来ています。

身体を動かすことに親しみ、基礎運動能力を養う

動きを真似する模倣運動を中心に、身体をのびのび動かす楽しさを満喫。 様々な運動種目の中で想像力や表現力を培うとともに、幼児期に必要な基礎運動能力を育みます。

  • 整列

    整列
    集団行動を身につけます。

  • 跳び箱

    跳び箱
    跳び箱を飛ぶ決め手は、腕でしっかり体を支えることです!

  • 前転

    前転
    元気よく、ぐるりと前転。楽しみながら回転感覚を身につけます。

  • プール

    プール
    顔つけ バタ足 呼吸の仕方を身につけます。

  • 柔軟

    柔軟
    ケガを防止するためにも、しっかり体をほぐします。

運動能力とともに、自発的な行動力を育む

自分の運動能力や運動感覚を知り、それらを最大限に発揮するための行動力を養います。 また、ルールの決められた遊戯運動を通し、協調性や自立心も身につけます。

  • 前回り
    おへそを見ながら前回りに挑戦!幼児期のうちに回転感覚をしっかり身につけます。

  • サッカーゲーム
    手を使わないというルールを守り、 ボールをキックすることに集中。チームワークも学びます。

  • 足かけぶらさがり
    鉄棒を握る手は、望遠鏡を見るときのような形にするのがポイント。鉄棒に触れることを楽しみます。