確かな学力

子どもたちの成長の基盤となる、土台作り。

高い志を持ち、何かを成し遂げる為に不可欠な確かな学力。読み書き計算を始めとして、道筋を立てて考える力、深く考える力を身に付けさせます。

スッキリ計算

スッキリ計算

水曜日の朝の時間を使い、既習した計算力の定着を図る計算タイムを実施しています。

学び合い

話し合いの中で、それぞれの考えを理解し合い問題を解決していきます。答えを述べるだけではなく、どのように導きだしたのかを説明する中で、学習を定着させ深めていく事が出来ます。話し合いの中で友だちの考えを理解しようとする事は、コミュニケーション力をつける上でとても大切です。

ICTの活用

各教室をICT化し、必要に応じてタブレットを使用した授業を展開し、恊働学習をより深めています。

朝の基礎学習

月・火・金の朝は10分間、国語の学習を実施しています。

フォローアップ補習

放課後、子どもたち一人ひとりの学習到達度に応じた内容を学習していきます。

漢字検定/計算検定

1・2年生は学院オリジナルの漢字検定を実施、3〜6年生は年に2回、本校で日本漢字能力検定協会主催のものを受験しています。また、計算検定は年に2回本校オリジナルの問題で実施しており、合格すると、級ごとに合格証をもらえます。