帝塚山学院小学校

TOP 学校紹介 学校長挨拶

学校長挨拶

帝塚山学院小学校、新世紀を迎えて

1917年(大正6年)、「意志の力、情の力、知の力、躯幹の力」人として欠くべからぬ4つの力を備えた人間を形成する「力の教育」と、子どもたちに学びを伝え、子どもたち自らが能動的に学習を進めていく「自学主義」を初代学院長庄野貞一が掲げてから100年が経ちました。

現代に至り、創立時に帝塚山学院小学校が高らかに提唱した二つの教育のあるべき姿が今また教育界のみならず、日本の社会において必要とされています。学院創立時の先達の慧眼には畏敬の念を禁じえません。理想の教育を体現する為に今も連綿と続く教育活動、行事、生徒指導を受けて、1万人を超える卒業生は、日本の社会に大きな貢献をしています。財界や医学、芸術の分野でリーダーシップをとるOB、OGも多数おられます。

101年目、帝塚山学院小学校は新たな世紀を迎えました。

教育界のみならず、社会においても叫ばれている「主体的な行動力を持つ人材」「国際社会に対応できる人材」「強い意志とともに他者を理解し協働によって問題解決できる人材」の育成が強く望まれています。

帝塚山学院小学校は「力の教育」「自学主義」を通じて、現代社会で求められている人材の育成、強いリーダーシップによって社会に貢献できる人間力の向上を目指します。

小学校期における6年間は、学習においても、人間形成においても大変重要な時期です。私たちはその大切な6年間に「授業で輝かせる」「学びの中で大きく育てる」ことを目標に、子どもたちの育成を目指してまいります。

帝塚山学院小学校は、伝統を重んじながら新たな100年の学院教育の礎を目指す「教育改革」に向けて職員一丸となり邁進します。

帝塚山学院小学校 校長 神原 利浩

帝塚山学院小学校 校長 神原 利浩

資料請求