受験生FAQ

※平成27年4月2日更新

中高共通の質問

はい。本校では一週間に36時間授業を行っています。1コマ50分で、月・水は7時間授業、火・木・金は6時間授業、土は4時間授業となります。なお、コース・専攻に応じて若干この時間数から増減する場合があります。
すべてのコース共通に各学期末、補習期間を確保し、学習内容を積み残さずに次の学期に進むことができるよう配慮しています。
はい。「0限目」「7限目」「8限目」と呼ばれる早朝と放課後の講習と、長期休暇に行われる講習があります。講習の費用は徴収しませんので、各生徒の進度と意欲に応じて参加することができます。
実施しています。詳しくは入試説明会等でご説明致します。又、学校にお問い合わせ頂ければ個別にご相談もお受け致します。

中学校に関する質問

「関学コース」を第1希望とし、同コースの合格最低点に届かなかった場合は、「ヴェルジェコース」の合格判定を行います(転コース合格制度)。
はい。1次A・1次B入試の「ヴェルジェコース」と同じ判定方式を取ります。
理科と社会で点数を取れなかった場合、国語と算数の1.5倍を見ますので、4科で受験勉強を行われてきた方は4科で受験することをおすすめします。
基本的に過去の入試と同傾向・同難度の出題を考えています。
毎年10月に行われるプレテストが、その年度の1次A入試(初日)の傾向を反映しますので、本校受験を考えている場合はぜひご参加ください。
されません。ですが、受験生の偏差値や10月段階での合否可能性などを過去のデータから割り出して各家庭へ郵送いたします。また、11月に行われるプレテスト分析会において、成績個票を元にした個別アドバイス会を実施します。12月の第2回についても同様です。
可能です。1次Aと1次Bについては、同時出願すれば検定料が1回分になります。
すべり止めについてですが、まず第2志望コースで手続きを行っていただき、その他の日程の第1志望に合格した場合、そちらに入学を振り替えることができます。
「ヴェルジェコース」から「関学コース」へ若干名のコース変更が認められます。コース変更の基準は、中学3年生の成績によります。

高等学校に関する質問

「関学コース」「ヴェルジェコース文系専攻・理系専攻」については、国語・英語・数学の3教科です。「ヴェルジェコース美術系専攻・音楽系専攻」については、英語・国語の2教科と実技試験300点が課されます。英語は約10分間のリスニングを含みます。詳しくは入試要項をご覧下さい。
「関学コース」から「ヴェルジェコース文系専攻・理系専攻」へ転コースを希望することができます。「文系専攻」「理系専攻」は同じ学力水準の専攻として合否判定を行います。ですから、「文系専攻」「理系専攻」間の転コース合格はありません。「音楽系専攻」「美術系専攻」から「関学コース」「文系専攻」「理系専攻」へ転コースを希望することはできません。
あります。専願志願者の方が若干有利になります。
中高とも「関学コース」設立7年目を迎え、平成21年度で一貫コースとして6年間がつながりました。したがって、今後は補充的な募集のみとなります。平成26年度入試については、入試要項をご覧下さい。
ヴェルジェコース各専攻に関して、1.5次入試という名称で別日程の募集を行う場合があります。
1月半ばにホームページ等で実施の有無を発表いたします。
本校の実技入試と同じ傾向の課題を用いて、本番の試験ではどのくらいの点数がとれそうかをアドバイスする会です。参加しないことでの不利は一切ありませんが、昨年度の合格者は全員実技講習会に参加しています。
本校まで直接お電話にてご連絡下さい。個別対応も含め、ご相談させていただきます。